永作博美の迫真の演技に注目! 先の見えないミステリーな展開、そして、衝撃的な結末へ 撮影現場のスタッフも怖がるほどのスペシャルWEBムービー公開

PR TIMES / 2012年6月7日 11時48分



■ 映画のような映像クオリティと、予想だにしない結末で目が離せないスペシャルムービー 
   
 「今日もビール飲むんでしょー。」と妻が夫に呼び掛ける、普通の家庭の平和なひとコマの後、「夫は知らない。何も気づいていない。私の、嘘を・・・。」と、永作博美さん演じる妻の、意味深な心の声からムービーは始まります。映像は徐々に妻の真顔な表情にズームアップされ、この後のミステリーな展開を予感させます。そして、緊張感のある重い空気の中、妻が部屋で一人、PCで「夫 方法」と検索します。
 翌朝、妻は夫が外に出たタイミングを見計らい、狙ったかのようにベランダから鉢を落とします。しかし、夫はそれに気づきません。鉢を落とした瞬間の悪びれた感じを見せない笑顔の直後に、「気づいてない。」と独り言を言う妻の、鬼気迫るシリアスな表情が恐怖をより引き立てています。
その後も、夫に次々と身の危険となるような場面が襲いかかります。そしてその陰には必ず意味深な表情を浮かべる妻の姿が。妻の狙いは何なのか、そして夫の運命はどうなってしまうのか。ラストは、これまでの展開からは予測できない衝撃の結末を迎えます。
 WEBムービーとは思えない映像のクオリティの高さと永作さんの迫真の演技に目を奪われ、時間を忘れてしまう出来栄えになっています。
5分38秒という時間を感じさせないスリリングな展開のこのWEBムービーは、サッポロビールの「絶対に見逃せないキャンペーン」のサイトで見る事ができます。7月2日までのキャンペーン期間しか見る事ができないので絶対に見逃せません。


■ 撮影現場のスタッフからも「怖い・・・」という声が出るほど。撮影でのエピソードについて                     

 このWEBムービー「騙す女」は「絶対に見逃せないキャンペーン」のために制作されました。CMでもおなじみの、永作博美さんが一人二役で演じる夫婦が登場します。しかしCMとは違い、全体的にどこかアンダーでミステリアスなタッチになっています。
 ミステリータッチで描かれたストーリー、猟奇的な雰囲気が漂う妻といった難役でも、さすがは、国内の映画祭でも女優賞の栄冠を手にした永作博美さん、見事に演じきっていただきました。特に、何かを企んでいるかのような鬼気迫る表情には、撮影中、スタッフが口々に「怖い…」と漏らすほど。CMとは違い、長尺のWEBムービーということで、限られた撮影時間内で無事撮り終えることができるか心配されましたが、永作さんの卓越した演技力で、ほぼ一発OKでした。

【出演者情報】
永作 博美(ながさく ひろみ) 
1970年10月14日生まれ。数々のドラマ、映画、舞台に出演し、実力派女優として活躍中。2007年に公開された映画『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』で独特な存在感を発揮し、第50回『ブルーリボン賞・助演女優賞』をはじめ、国内の各映画賞を多数受賞。2011年には、「八日目の蝉」で、第35回 『日本アカデミー賞最優秀助演女優賞』を受賞。

*「絶対に見逃せないキャンペーン」URL:http://www.sapporobeer.jp/kinnooff/minogasenai/index.html

■このリリースに関するお問い合わせは、下記までご連絡ください■
サッポロホールディングス(株)コーポレートコミュニケーション部 田辺 TEL 03-5423-7407


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング