[日本人の金(ゴールド)に関する意識調査] 男性はディープなツヤ、女性はソフトなツヤのある金色を好む傾向

PR TIMES / 2014年2月12日 10時38分

【同時調査】今の日本を表す色は「赤」と「グレー」の清濁2色

金への啓発を目的とした金に関する祭典「ゴールドフェスティバル」を運営するゴールドフェスタ事務局は、色の専門家集団である株式会社日本カラーデザイン研究所と共同で、性別・年代別から見る好きな金色の傾向などを分析した「日本人の金(ゴールド)に関する意識調査」を発表しました。

【Summary】
・男性はハードで高級感の強いディープゴールドを好み、黄みのゴールドへの嗜好が強い
・女性はソフトで上品なシャンパンゴールドを好み、マットな質感よりもツヤのある質感を好む



金への啓発を目的とした金に関する祭典「ゴールドフェスティバル」を運営するゴールドフェスタ事務局は、色の専門家集団である株式会社日本カラーデザイン研究所と共同で、性別・年代別から見る好きな金色の傾向などを分析した「日本人の金(ゴールド)に関する意識調査」を発表しました。

【Summary】
・男性はハードで高級感の強いディープゴールドを好み、黄みのゴールドへの嗜好が強い
・女性はソフトで上品なシャンパンゴールドを好み、マットな質感よりもツヤのある質感を好む

男性は、ツヤのある・なしや明るさに関係なく、黄みのゴールドへの嗜好が強く表れています。女性は全ての種類の金色について、マットな質感よりもツヤのある質感が選ばれています。

年代別傾向では、男性はどの年代でもディープゴールド(ツヤ)を最も好み、特に60代以上の男性は、イエローゴールドを含め彩度の高いゴールドを好むことが特徴。一方、女性は年代差が見られ、30代~50代までの層はシャンパンゴールド(ツヤ)を最も好み、60代以上になると順位が下がり、男性同様に彩度の高いディープゴールド(ツヤ)を選ぶ傾向が見られました。

今回の結果を、WARM-COOL/SOFT-HARDの2軸で構成されたイメージスケール上にまとめたものが図となります。

男性はよりハードで高級感の強いディープゴールドを好み、金色に対しては「華麗な」「豊かな」「豪華な」といったゴージャス・イメージを好むことが分かります。選択率で見ても、3人にひとりがディープゴールド(ツヤ)を選んでいます。それに対し女性は、よりソフトで上品なシャンパンゴールドを好み、「しなやかな」「きめ細かい」「やさしい」といったソフト・エレガント・イメージの金色を好む人が多い結果となりました。

【同時調査:今の日本を表す色】
全体結果の上位5位までを各色のイメージワードに関連させて分類し、その主な背景を以下のように考察しました。

1位:10.0% 【赤】 情熱的な、活動的な、元気な、力強い、怒り
2位:8.8% 【グレー】おだやかな、控えめな、質素、静かな、微妙な、不安、悲しさ、地味な
3位:5.0% 【黄】生き生きした、明るい、前向きな、希望、若々しい、活気
4位:4.8% 【オレンジ】陽気な、開放的な、温かい、活力、喜び、親しみやすい
5位:4.2% 【グレイッシュブルー】沈静的な、思慮深い、内省的、陰り、静かな

[分析]
●鮮やかな暖色が表す、国内の勢いと明るさ
アベノミクスによって景気が回復基調となり、株価も上昇、また2020年東京五輪が決定するなど、国内に明るく前向きなムードが広がっている。赤、黄、オレンジといった鮮やかな暖色系は共通して前進的なイメージを持っており、これらの色が選ばれた背景には、上記動向をはじめとする今の日本の勢いが感じられる。

●社会不安をグレイッシュカラーに投影
一方で、災害への不安や原発問題などは依然解決しておらず、少子高齢化、消費増税や雇用問題、食品偽装、不透明な政治への不信感など、ネガティブな要素も非常に多い。これらの社会不安が、すっきりとしないグレイッシュカラーの2色に反映されていると言えるだろう。

■調査概要
・調査対象 TOKYO GOLD FESTIVAL2014申込者
30歳未満~70歳以上の男女 計600人(男性300人/女性300人)
・調査日程 2013年11月21日~2014年1月15日 WEBアンケート調査
・調査項目 1.好きな色 2.今の日本を表す色 3.好きな金色 ※以下カラーパレット


【株式会社日本カラーデザイン研究所】 http://www.ncd-ri.co.jp/
株式会社日本カラーデザイン研究所(本社:東京都文京区、設立年月日:1967年1月20日、代表取締役所長:宮岡 直樹)は、心理学的立場から色彩デザイン、消費者嗜好などの研究に基づく情報を、メーカー、流通、広告、建築など多岐にわたる業種の企業、公共団体等に提供。また独自開発した「Hue&Tone」システムや「カラーイメージスケール」は、あらゆる分野のカラープランニング、マーケティング、カラー・デザイン戦略などの課題解決に活用されています。

【ゴールドフェスタ事務局】 http://goldfes.jp/
ゴールドフェスタ事務局は、金への啓発を目的とした金(ゴールド)に関する祭典「ゴールドフェスティバル」を運営。第2回となる2014年度は日経マネー・ラジオNIKKEI・日経CNBC・CREAなどのメディアとも連携し、東京・品川 グランドホールに480名の参加者を集めて開催しました。事務局はキャピタル・エフ株式会社と株式会社想研による共同運営。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング