スタートアップ向け経費精算アプリ「bizNote Expense」を2014年1月に公開

PR TIMES / 2013年12月16日 17時6分

スマートフォンアプリは無料、クラウドサービスは初期費用ゼロ、月額390円~

・ 「紙・エクセル」を「スマートフォン×クラウド」で置き換え、大幅な業務効率化
・ 機能を徹底的に絞り込み、今までにない「低価格」
・ 今までの業務アプリとは違う、スマートフォンネイティブの使いやすい「デザイン」



クラウドキャスト株式会社 (所在地 東京都港区、代表取締役 星川 高志) は、スタートアップ、小規模ビジネス、部門等に最適な経費精算アプリ「bizNote Expense」 (ビズノート エクスペンス) のiPhoneアプリ、及び管理ツールであるクラウドサービスを2014年1月に公開します。

それに伴い、日本語Facebookサイトをオープンします。最新情報は「いいね」ボタンを押すことで入手可能です。
https://www.facebook.com/biznote

製品の主な特徴は以下の通りです。

1) 「紙・エクセル」 を 「スマートフォン×クラウド」 で置き換え
bizNote Expenseを導入することで、今まで月末などに紙・エクセルで行い、面倒で人為ミスが発生しやすい従業員からの「経費申請・承認」業務フローをスマートフォン×クラウドでシンプルに置き換えます。これにより、従業員・経営者 (経理担当者) に大幅な業務効率向上を実現します。

2) 今までにない「低価格」を実現
小規模ビジネスに必要な機能やサービスに徹底的に絞り込むことで、今までにない低価格化を実現します。これまでの経費精算アプリは、小規模ビジネスには不必要な機能が多く最低でも初期費用3万円・月額1万円以上と高額でした。特に小規模ビジネスでは、従業員雇用後に確実な業務ニーズがあるにも関わらず、高額なため導入が遅れていました。弊社の価格設定は創業期に予算・人的リソースが非常に限られることを弊社自身が経験しており、国内の起業家育成に貢献したいという強い熱意も込められています。

3) スマートフォンファーストの使いやすい 「デザイン」
今までの業務アプリとは違い、主役である従業員を中心に開発やユーザビリティをゼロから設計しました。これにより不必要な機能をあえて削り、誰もが迷わずに使えるデザイン性を追求しました。ネイティブアプリの良さを活かし、いつでもどこでも、従業員はたとえ電波が届かない場所でも隙間時間に経費入力が可能です。

【アプリの入手方法】
従業員向けiPhoneアプリは2014年1月末までにアップル社App Storeより入手可能です (無料)。「bizNote Expense」と検索下さい。Android版は現在開発中であり、2014年第一四半期のリリースを予定しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング