あのLINEに採用されたSMSサービスの「Nexmo」ついに日本に本格上陸。

PR TIMES / 2014年2月13日 12時30分

グローバルで選ばれるSMSゲートウェイサービス「Nexmo」日本国内での本格展開に伴い、「Nexmo SMS減額保証キャンペーン」を2014年3月末まで実施

株式会社ガプスモバイル(本社:東京、代表取締役社長:西村大樹)は、イギリスに本社を置くNEXMO社(本社:ロンドン、代表取締役社長:Tony Jamous)のSMSサービスである「Nexmo(ネクスモ)」を、日本国内の独占リセラーとして2014年2月から日本国内での本格展開を開始することとともに、「Nexmo SMS減額保証キャンペーン」を開始することを発表いたします。

報道関係者各位

株式会社ガプスモバイル(本社:東京、代表取締役社長:西村大樹)は、イギリスに本社を置くNEXMO社(本社:ロンドン、代表取締役社長:Tony Jamous)のSMSサービスである「Nexmo(ネクスモ)」を、日本国内の独占リセラーとして2014年2月から日本国内での本格展開を開始することとともに、「Nexmo SMS減額保証キャンペーン」を開始することを発表いたします。

■LINEやカカオトークでも採用された「Nexmo(https://jp.nexmo.com/)」とは
LINEやカカオトーク、Airbnb、Viberなどの数多くのユーザーを抱える大規模サービスに採用されており、延べ20億人のユーザー利用実績がある世界No.1(Nexmo社調べ)の安心安全を届けるSMSゲートウェイサービスです。

昨今、なりすましや不正なアカウント取得による詐欺事件が増えていることを受け、多くのWeb/アプリサービスは複数台数保持が難しい携帯電話番号を利用したSMSを本人認証に活用するケースが増えています。SMS認証サービスの導入により、ID/パスワード認証も含めた2要素認証が可能となり、高い安全面を確保することが可能になります。Nexmoは高機能なAPIと通信キャリアとの交渉による高い到達率をローコストに実現しています。


■日本でもニーズの高まるSMSサービスをガプスモバイルが独占リセラーとして販売開始
日本国内においては携帯キャリアが提供するメールアドレス(~@docomo.ne.jpや、~@ezweb.ne.jpなど)を利用することで、ユーザーと携帯電話端末との認証を行う場合が多く見られていましたが、

1.日本においてもグローバルサービスを展開する企業が増え、グローバルにサービスを展開する場合、メールアドレスを認証に使うことがスタンダードではない国での認証対応が必要となる

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング