~環境と芸術を結ぶデザインコンペティション・入賞作品展開催~ KONICA MINOLTA エコ&アートアワード2012

PR TIMES / 2012年2月10日 18時19分



コニカミノルタプラザは、2012年3月4日(日) ~3月22日(木)の19日間、同プラザギャラリーB&Cにおいて『KONICA MINOLTA エコ&アートアワード2012 supported by Pen』作品展を開催いたします。

コニカミノルタが運営するギャラリースペース、コニカミノルタプラザ(東京都・新宿区)は“環境と芸術を融合させたアイデア・デザイン”をテーマとしたアートコンペ「KONICA MINOLTA エコ&アート アワード 2012 supported by Pen」の作品募集を行い、この度279件の応募作品のなかから厳正なる書類審査の結果、『ビジュアルアーツ部門』21作品、『プロダクト&コミュニケーション部門』9作品、『next ACTION部門』の9作品、計39の入選作品を決定いたしました。

今回で4回目をむかえる本展では、『next ACTION部門』が新たに加わりました。苦境、逆境から日本を救うために、アートの力を活用したいという想いのもとに設立された部門です。3.11の事象を深く追求した作品、日本の復興や未来への扉をあけるアイデアをご覧いただけます。
また、審査員には安藤貴之氏(雑誌Pen 編集長)に、新たに廣田尚子氏(プロダクトデザイナー)、ミヤケマイ氏(美術家)、昨年に引き続き、「REBIRTH PROJECT」代表の伊勢谷友介氏を迎えました。なお、東日本大震災復興支援活動についても精力的に行っている「REBIRTH PROJECT」は、『next ACTION』部門の審査協力として参加していただき、復興につながる優れたアイデア・作品を見出します。
新部門の設立によって、さらに広がりをもった作品展となりました。アイデア溢れる若き才能たちの共演をぜひその目でお確かめください。

【展示内容】
16歳から35歳までの若手クリエーターやアーティストによって応募された、アートの視点で環境活動(エコ)を促進するための芸術作品・製品デザイン・グラフィックデザイン、またはそれらのコンセプト・アイデアを展示致します。
入選作品は期間中展示され、3月20日(火・祝)の最終審査により、グランプリ(各部門1本)、準グランプリ(各部門1本)、来場者によって選ばれるオーディエンス賞(各部門1本)、審査員特別賞(4本)および協賛社特別賞(2本)を決定いたします。
また、受賞結果については、当日のグランプリ発表会にて公開発表をするとともに、コニカミノルタプラザUstreamチャンネル(http://www.ustream.tv/user/konicaminoltaplaza)にて生中継を予定しております。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング