ダイアゴナル株式会社、クラウドでつながる次世代人脈ツール「ダイアゴナルキット」の本格サービスを4月1日から開始― 法人・個人向け有料商用サービスを本格展開 ―― スマートフォンにも対応 ―

PR TIMES / 2012年3月21日 15時34分



ダイアゴナル株式会社(本社:横浜市、代表取締役:山川隆、以下ダイアゴナル社)は、
クラウドでつながる次世代人脈ツール「ダイアゴナルキット」(URL:https://www.diagokit.com
の法人向け有料商用サービスを本年4月1日から開始します。同時にいままでベータ版で
あった個人向けサービスも本格化させ、スマートフォン対応も始めます。

「ダイアゴナルキット」は利用者が自分や相手のコンタクト情報(連絡先情報)をインターネットで管理して、1対1でリンクした同士がお互いのコンタクト情報を共有するシステムです。利用者一人ひとりは1対1のリンクを多数持つことができ、それにより自分専用の人脈データベースをインターネット上に持つことになります。

企業で「ダイアゴナルキット」を導入する場合は、社員が取引先とリンクすることによって持つことになる取引先のコンタクト情報を全社で、あるいは社内の任意の組織単位で集約することができます。よって営業部門では社員も、その社員が属する組織も「ダイアゴナルキット」のコンタクト情報自動更新機能によって、自らデータを入力・更新することなく取引先や顧客の情報を最新状態に保ことができるほか、新規案件等では相手企業のキーパーソンに社内では誰がコンタクトを持っているか検索することも可能になり、取引先情報を有効に活用することが出来るようになります。

同時に人事・総務部門等にあっては組織変更、人事異動を取引先に知らせるときに、自社社員のデータを更新するだけでリンクを張った相手に最新情報が伝わるので、改めて書状やメールで相手に連絡する必要性は低くなります。儀礼上書面で相手に挨拶状を出す場合も、相互に「ダイアゴナルキット」を利用していれば、宛先の現在の組織名、肩書が「ダイアゴナルキット」上で確認できるので、その確認作業の手間が省け、大幅に作業量が軽減できます。

顧客とのつながりは社員だけでなく、製品やサービスとのつながりと置き換えることも可能です。これにより、例えば製品ごとにアカウント設定すると、顧客データべースの顧客登録カード記入時の情報がなかなか更新できないという悩みを解決できます。「ダイアゴナルキット」上で顧客側に自分のコンタクト情報の変更を行ってもらえれば、製品やサービスの顧客登録データベースが更新されます。企業側にとってはその製品やサービスの最新顧客情報を瞬時にリスト化することも可能で、カスタマーサービスやアフターケアが効率的に行えます。また、バージョンアップやリコールなど製品に関する“重大なお知らせ”を送った時に、メールや葉書が届かないという事態は格段に減少します。顧客側は一企業のためだけに自分のコンタクト情報を更新するのではなく、1回の更新でその人の取引先、知人関係、同窓会などリンクされている相手すべてに自分の最新情報を知らせることができるので、住所変更手続きなどの手間の軽減と連絡漏れの防止になります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング