Twitterフォロワーのブランド好意度および購入意向の向上が明らかに ~Twitter公式アカウントのマーケティング効果を測定するKGI調査を実施~

PR TIMES / 2013年3月27日 19時59分

株式会社トライバルメディアハウス(本社:東京都港区 代表取締役社長:池田 紀行 以下 トライバルメディアハウス)は、Twitter Japanの協力のもと、Twitter公式アカウントのマーケティング効果を測定するKGI(Key Goal Indicator:重要目標評価指標)調査を実施しました。株式会社ニッセン、株式会社ファミリーマートの協力のもと、2社のTwitter公式アカウントで調査を実施した結果、「ツイート内容が楽しいから」「プレゼントやキャンペーン情報などお得な情報を得るため」など、ツイート内容に惹かれてフォローしたユーザーが7割以上存在することがわかりました。また、Twitter公式アカウントをフォロワーしたことにより、商品・サービスに興味を持ったり、購入を検討する機会が増えていることが確認されました。



2010年頃から多くの企業がTwitterに公式アカウントを開設し、運営を開始しています。先進活用企業では「フォロワーの数」だけでなく「RT数」や「リプライ数」など、エンゲージメント率の向上を重視した運用を行っていますが、エンゲージメントの向上がどのようなマーケティング効果をもたらしているのか、既存の効果測定方法では明確にすることが困難でした。

この課題を解決するため、トライバルメディアハウスが提供するKGI調査サービスでは、公式アカウントのフォロワーと非フォロワーに対するアンケート調査に加え、公式アカウントにおけるフォロワーの時間経過(フォロワー歴)や、RT/お気に入りなどのエンゲージメント履歴を取得し、アンケートによる調査結果と統合することで、公式アカウントを運用することによるフォロワーのブランド名の想起率や好意度、購入意向、推奨意向といった意識変容およびLTV(Life Time Value:顧客生涯価値)を測定・算出します。

上記調査スキームにより、「Twitter公式アカウントのフォロワーになってから、そのブランドのことが好きになったのか(購入量が増加したのか)、もともとそのブランドのことが好きだったから(購入量が多いから)公式アカウントのフォロワーになったのか」といった「因果性のジレンマ(いわゆる”鶏が先か卵が先か”)」を以前よりも明らかにすることができるようになりました。


●Twitter公式アカウント運用効果の可視化
・ Twitter公式アカウント運用のマーケティング効果を把握するためには、現在不明確になっているKPI、KGI、LTVの関係を明らかにすることが必要です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング