1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【通信講座でプロを目指す! 翻訳の専門校フェロー・アカデミー 通信講座】 海外からの受講は今がチャンス!手数料0(ゼロ)円キャンペーン実施中

PR TIMES / 2013年2月15日 16時45分



プロ翻訳家の育成を目的とする翻訳の専門校フェロー・アカデミー(運営会社:株式会社アメリア・ネットワーク、代表取締役社長:室田陽子)は、海外在住者が通信講座を受講する際に必要な海外手数料( 3 , 0 0 0円~1 2 , 0 0 0円)が、キャンペーン期間中(日本時間で2月8日~3月29日18:00まで)にお申込みいただくと、全額無料となるキャンペーンをスタートしました。
フェロー・アカデミーの通信講座学習者のうち、約7%が海外在住の学習者で、その数は年々増加傾向にあります。今回のキャンペーンでは、海外からの受講をサポートするために実施いたします。

<フェロー・アカデミーの通信講座>
通信講座は、通学制のスクールとは異なり、「自分のペースでいつでも学習できる」「遠方に住んでいても学習できる」のが利点です。その反面、「ひとりで取り組むので、続けるのが難しい」というイメージを持たれているのも確かです。
フェロー・アカデミーの通信講座では、「実務」「出版」「映像」の翻訳3大分野で講座を用意し、いずれも初級~上級まで自身のレベルに応じた学習が可能です。きめ細かい添削指導はもちろん、インターネットを利用しての課題提出や復習サポートシステムなど、一人ひとりへの受講サポートを充実させています。

<最近の翻訳需要について>
2012年10月1日に外務省が発表した資料(※)によると、海外在留邦人数は118万人と前年より3%超増加、その6割が英語圏に在留しています。近年では企業のグローバル化が加速している背景から、さまざまなビジネスシーンで英語の文書またはメールでのやり取りが必要とされる場面が増えてきており、正確かつ迅速に「読み」「書き」する翻訳のスキルはますます必要とされています。
そういった状況のなか、翻訳は在宅フリーランスという形態で、場所を選ばず仕事ができる職業として注目されています。 また、インターネットサービスの成長とともに、世界中のネットワーク環境が充実していくなか、 海外在住で語学力を活かせる仕事として翻訳に携わる方も増加傾向にあります。
※ 海外在留邦人数調査統計 http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/tokei/hojin/index.html

フェロー・アカデミーでは、通信講座でのサービスをより一層充実させるとともに、翻訳を通して、グローバルな活躍ができる人材の育成に努めてまいります。

<株式会社アメリア・ネットワークについて>
1975 年創立の翻訳の専門校フェロー・アカデミーと、1985 年設立の翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営。
フェロー・アカデミーは、通学・通信合わせて年間約200 講座を開講し、実務・出版・映像の各分野で基礎からプロレベルまでの豊富なラインナップを用意。翻訳経験豊富な講師が教材作成や指導にあたる。日本で唯一の全日制コースも備える。 翻訳者ネットワーク「アメリア」には500 社以上の翻訳関連会社が登録しており、翻訳者、翻訳学習者に仕事のチャンスを幅広く提供している。

◆会社概要
本社:東京都港区赤坂8-5-6
代表取締役:室田 陽子
設立:2001 年1 月
資本金:1 億円
事業内容:翻訳の専門校 フェロー・アカデミーの運営(Webサイト URL: http://www.fellow-academy.com
翻訳者ネットワーク「アメリア」の企画運営(Webサイト URL: http://www.amelia.ne.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング