21世紀はアジアの世紀か?埼玉大学が日米韓の視点から「アジアの共存と発展」について考える国際シンポジウム開催、参加受付開始

PR TIMES / 2013年12月5日 13時29分

公益財団法人中島記念国際交流財団助成事業 2013年12月17日(火)東京国際交流館 午前の部 10:00-12:15 / 午後の部 13:15-17:10

国立大学法人 埼玉大学(学長:上井喜彦)は、来る2013年12 月17日(火)、東京都江東区・東京国際交流館にて、韓国、アメリカより国際政治・環境政策学者招聘し、国際シンポジウム「21世紀はアジアの世紀か?-環境問題、経済格差、人間の安全保障」を実施、一般参加者の募集を開始します。デリケートなアジアの問題を、日韓米の視点から「持続可能なアジア」「個人を犠牲にしないアジアの発展・共存」といったテーマで行います。国際環境政策の世界的権威 ピーター・ハース教授も来日します。



■ 「成熟国家」と「発展途上国家」がせめぎ合うアジアだからこその「発展・共存」のあり方を論じる
東アジアは、経済成長と繁栄を享受する世界の成長センターとなりました。その一方で、領土紛争、環境問題、人権問題、経済格差など多くの問題が顕在化し、社会的関心を集めています。個人や企業、資本や情報、さらには汚染物質までが越境する東アジアにおいて、国家の枠組みを超えた連携・協調をどのように達成し、地域のガバナンスを実現できるのか。この問題を日本やアジアだけでなく、アメリカからの視点も加えて考えます。

本シンポジウムでは「人を犠牲にしない持続可能なアジアの発展と共存」をキーワードに、「アジア共通の利益」から俯瞰した各国にとってふさわしい使命や貢献を考えます。また東日本大震災や原発事故に起因する福島の問題も、アジア全体の問題として捉える意義は少なくありません。
そこで、第一部は、「21世紀はアジアの世紀か?」をテーマに招聘教授らによる講演、第二部では「東アジアにおけるリージョナル・ガバナンスの可能性と限界」をテーマに、パネルディスカッションやフロアとの質疑応答を通じ、叡智を結集します。


■ 国際環境政策の世界的権利Peter Haas教授はじめとした日米韓の国際関係・環境政策学者を招聘
招聘する教授陣は、「個人が犠牲にならない共存と発展」の視点から、「環境」の観点からは、国際環境政策の世界的権威Peter Haas教授(マサチューセッツ大学アムハースト校)と、韓国を代表する環境経済学者で中国工業化の大気汚染を隣接国・アジアの視点から考えるChung Kim教授(東國大学校)、発展の代償として個人を犠牲にしないという観点からは「人間の安全保障」を研究分野とするTimothy Shaw教授(マサチューセッツ大学ボストン校)、そして経済発展におけるジェンダーの問題に詳しいJane Parpart教授(マサチューセッツ大学ボストン校)らを予定しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング