公益財団法人 粟井英朗環境財団と富士吉田市外二ヶ村恩賜県有財産保護組合が森林整備パートナーシップ協定を締結

PR TIMES / 2013年5月1日 10時36分

清らかな水を後世に伝えるために



 公益財団法人 粟井英朗環境財団(代表理事:粟井晶子)は、4月24日、富士吉田市外二ヶ村恩賜県有財産保護組合(組合長:佐藤幸三)と協力して森林整備を行うパートナーシップ協定を、やまなし森づくりコミッション(会長:浅川力三山梨県議会議長)の橋渡しにより締結しました。富士吉田市外二ヶ村恩賜県有財産保護組合がこのような協定を結ぶのは今回が初めてです。
 公益財団法人 粟井英朗環境財団は、ウォーターサーバーによる水宅配サービス「Frecious(フレシャス)」を提供する富士山の銘水株式会社が目指す、環境保全活動をサポートするため設立された公益財団法人です。


◆ 富士山の森林約40haにて協働の森林整備事業へ

 富士山の銘水株式会社は、富士山の麓標高1000mから採水したバナジウム入りの天然水を使用したウォーターサーバー「Frecious(フレシャス)」を販売しています。これまで企業の社会的責任を果たすため、公益財団法人 粟井英朗環境財団とともに富士山周辺地域を始めとする地球環境保全活動を推進してきました。
 特に、公益財団法人 粟井英朗環境財団は、「持続可能な社会の実現のために、環境保全活動の実践と社会貢献を行う」ことを目的として、下記4つの活動に取り組んできました。

1.資源保全・環境保全推進事業の実施
2.環境保全活動の普及・教育、及び活動家の育成
3.環境保全活動への助成
4.環境保全事業への助成等の活動

 水資源保全・環境保全推進事業では、主に富士山麓地域における水資源の保全を目的として、保水機能を高める森林管理を目指し、そのために必要な取り組みの実施・支援を行う「森林管理保全支援」が主な事業です。
 今回の森林整備パートナーシップ協定の締結は、この事業の一環であり、今後5年間、富士吉田市外二ヶ村恩賜県有財産保護組合とともに、富士山の森林約40haを対象とした協働の森林整備事業に取り組んでいくことになります。
 今回の参画を通して、富士山麓に暮らす人々が長い時をかけ心血を注いで山体を覆う今日の美林を形成してきたことに思いを馳せながら、水資源の保全に寄与し、清らかな水を後世に伝えることを目指します。また、県内企業におけるリーディングケースとして、環境保全と地域活性化に取り組んでいきます。


森林整備パートナーシップ協定(案) 概要

1. 目的
富士吉田市外二ヶ村恩賜県有財産保護組合(以下、恩賜林組合)と公益財団法人 粟井英朗環境財団が協力して、恩賜林組合が管理する森林の整備を行う
2. 対象森林位置
山梨県富士吉田市上吉田鈴原下5603番地
3. 対象面積
40.01ha (山林)
4. 協定期間
平成25年5月1日 ~ 平成30年3月31日

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング