イオンシネマ全国26劇場にスタジオジブリ作品の巨大壁画を掲示

PR TIMES / 2013年6月24日 20時17分

7月1日から掲示を開始~「風の谷のナウシカ」など代表作21作品をコラージュ~

イオングループの株式会社ワーナー・マイカルは7月1日から、全国26劇場において、
スタジオジブリの代表作21作品をコラージュした巨大壁画(シーニック)を掲示します。



全国に61劇場506スクリーンを展開する株式会社ワーナー・マイカル※は、7月20日公開の「風立ちぬ」(宮崎駿監督)、今秋公開の「かぐや姫の物語」(高畑勲監督)と、今年2作品連続でスタジオジブリが作品を公開することに先立ち、1984年公開の「風の谷のナウシカ」をはじめとする代表作21作品をコラージュした巨大シーニック(壁画)を全国26劇場の劇場ロビーに7月1日より順次掲示します。

国内はもちろん海外でも高い評価を得ているスタジオジブリ。「風の谷のナウシカ」から今年公開の最新作まで、約30年にわたる代表作品のキャラクターや名シーンは、多くの方々の心に刻まれていることと思います。それらを一堂に掲げることで、新しい「イオンシネマ」は、名作とお客さまの思い出を紡ぎ出し、映画鑑賞のすばらしさをお伝えしたいと思います。

シーニックの大きさは劇場によって異なりますが、最大のイオンシネマ鈴鹿では、縦3.9メートル、横25.2メートルにわたり、名シーンが鮮やかに蘇ります。

※7月1日のイオンシネマズとの統合により、イオンエンターテイメント株式会社が展開する劇場は全74劇場、609スクリーンとなります。


▼巨大シーニックの概要

・名称: 「スタジオジブリ シーニック(壁画)」
・掲示日:  2013年7月1日(月)から順次スタート
・掲示場所:イオンシネマ 26劇場 劇場ロビー
  東北・北越・・・石巻、名取、新潟南
  関東・・・守谷、春日部、浦和美園、大井、大宮、羽生、千葉ニュータウン、板橋、多摩センタ-、
       むさし村山、日の出、港北ニュータウン  
  中部・近畿・・・各務原、大高、りんくう泉南、大日、明石、草津、鈴鹿 
  四国・九州・・・綾川、福岡、筑紫野、熊本 


▼巨大シーニックのお客さま公開日とサイズ(メートル)

劇 場 名 お問合せ先 公開日 シーニックサイズ(縦×横)

※お客さまからのお問合せは各シネマ宛にお願いいたします。
イオンシネマ石巻 0225-92-0711 7/11 4.23×23.2
イオンシネマ名取 022-381-0708 7/11 3.55×17.83
イオンシネマ新潟南 025-385-8787 7/10 3.91×17.27
イオンシネマ守谷 0297-47-0101 7/4 3.8×15.7
イオンシネマ春日部 048-718-1033 7/5 3.935×17.6
イオンシネマ浦和美園 048-812-2055 7/1 4.17×22.58
イオンシネマ大井 049-267-1414 7/5 2.05×11.5
イオンシネマ大宮 048-654-9494 7/7 3.16×9
イオンシネマ羽生 048-560-3302 7/6 4.8×13.85
イオンシネマ千葉ニュータウン 0476-40-7887 7/3 3.82×15.95
イオンシネマ板橋 03-3937-1551 7/3 3.4×9.64
イオンシネマ多摩センター 042-355-8700 7/7 4×10.5
イオンシネマむさし村山 042-567-8717 7/6 4.15×14.2
イオンシネマ日の出 042-588-0722 7/7 3.48×20.15
イオンシネマ港北ニュータウン 045-914-7677 7/4 3.23×22
イオンシネマ各務原 058-380-7077 7/4 3.2×15
イオンシネマ大高 052-629-2323 7/5 2.55×16.1
イオンシネマりんくう泉南 072-480-5007 7/5 4.6×23
イオンシネマ大日 06-6906-0707 7/3 3.12×14.03
イオンシネマ明石 078-934-4944 7/6 1.69×15.4
イオンシネマ草津 077-561-4545 7/2 3.96×16.05
イオンシネマ鈴鹿 059-370-8787 7/7 3.94×25.2
イオンシネマ綾川 087-870-8787 7/6 4.8×15.9
イオンシネマ福岡 092-938-9666 7/3 3.65×24.92
イオンシネマ筑紫野 092-918-3030 7/4 4.13×17.83
イオンシネマ熊本 096-235-7707 7/2 4.18×19.35


▼シーニックにコラージュされた作品タイトル(左から)

「海がきこえる」(1993)、「魔女の宅急便」(1989)、「天空の城ラピュタ」(1986)、「ゲド戦記」(2006)、「コクリコ坂から」(2011)、「紅の豚」(1992)、「火垂るの墓」(1988)、「風の谷のナウシカ」(1984)、「もののけ姫」(1997)、「かぐや姫の物語」(2013)、「千と千尋の神隠し」(2001)、「耳をすませば」(1995)、「平成狸合戦ぽんぽこ」(1994)、「風立ちぬ」(2013)、「猫の恩返し」(2002)、「ハウルの動く城」(2004)、「となりのトトロ」(1988)、「おもひでぽろぽろ」(1991)、「崖の上のポニョ」(2008)、「借りぐらしのアリエッティ」(2010)、「ホーホケキョ となりの山田くん」(1999)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング