伊・アルカンターラ、第65回 フランクフルト国際モーターショー(IAA 2013)を彩る

PR TIMES / 2013年9月17日 18時50分



【フランクフルト発 9月12日 ―英文翻訳―】
ドイツ・フランクフルトで10日より開幕したフランクフルト国際モーターショー(IAA )は、自動車業界では 2 年に一度、特に重要なワールドプレミアの新モデルを発表することになっています。65 年目にあたる今年も、ドイツで行われるこの展示会では新しいモデルがデビューし、特別な記念イベントが行われ、市場で大きな成功を収めた車が展示されます。アルカンターラ(本社:ミラノ)は常に、継続的な技術イノベーション、エレガンス、高い汎用性によって自動車産業の権威あるパートナーです。もちろん環境への配慮も見逃せません。アルカンターラ素材は 100% カーボンニュートラル認証を受けています。


フランクフルトで待望されたさまざまな新モデルの中でも、特にきわだっているのがフェラーリ 458 スペシャル です。この最新モデルのインテリアは美しさにも特に注意を払っており、コックピットの主素材に使われたアルカンターラ/カーボンファイバーのコンビネーションは典型的なレーシングドライバーの環境を思わせます。詳しく見れば、チャコールグレーにコントラストとして赤のステッチを入れたアルカンターラ素材がダッシュボード、ピラー、ショルダーレストに使われています。アルカンターラはスポーティ性、洗練性、最高の性能を融合させることでまたも無限の優秀性を証明しました。


アウディがフランクフルトで展示するのは大幅に新しくなったフラッグシップ・モデルA8です。 A8 は、自動車産業でももっとも厳しいカテゴリーであるワールドワイド・ラグジャリーの市場において、アウディをイノベーション・リーダーのひとつに押し上げたモデルで、この傑出した車のピラーとヘッドライナーにアルカンターラ素材が選ばれました。アルカンターラはアウディのほかの2つのワールドプレミア・モデルでもピラーとヘッドライナーを飾っています――強力なナヌーク・クワトロ・コンセプトと新しいスポーツ・クワトロです。


BMW は新モデルのうち、X5 とコンセプトカーの X5 eDrive を展示しています今回発表された第3世代にあたる新モデルは、ドライビングの楽しさ、バラエティ、ラグジャリー性といった点で独自の新たな主張を打ち出すもので、シートにはアルカンターラ素材を用いて特別な六角形のパターンが施され、レーザーカットされた本素材からメタルの裏地が光ってのぞきます。ドイツの有名なブランド BMW のために作られた、特別なテイラーメイドのソリューションです。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング