カブク、日本初の3Dプリントクラウドサービス「rinkak 3D Print Cloud API」を提供開始

PR TIMES / 2013年9月30日 12時21分

~開発者・サービス提供者が簡単に3Dプリント機能を実装できるAPIを提供~

株式会社カブク(本社:東京都渋谷区、代表取締役:稲田 雅彦)は、2013年9月30日より、日本初の3Dプリントクラウドサービス「rinkak 3D Print Cloud API」(https://www.rinkak.com/api/v1/developers)を開発し、提供を開始しました。



「rinkak(リンカク)」(https://www.rinkak.com)とは、3Dプリンターなどのデジタル製造設備を用いたマーケットプレイス&3Dプリントサービスです。クリエイターはrinkakに3Dデータをアップするだけで高価で高性能な製造設備で作品を製造でき、さらに販売もできます。プラスチックはもちろん、陶器や金属、ラバーのものまで、多様な素材のプロダクトを製造することが可能です。本サービスは、2013年6月のβ版提供開始以来、多くのクリエイター、企業、メディアから高い評価を頂いております。
新サービス「rinkak 3D Print Cloud API」(https://www.rinkak.com/api/v1/developers)では、rinkakが提供するデジタル製造サービスをクラウドサービスとして活用することができるため、誰でも簡単にアプリやWEBサービスに3Dプリント機能を実装することが可能です。
【rinkak 3D Print Cloud APIの主な特徴】                                
(1) アプリやWEBサービスにすぐに3Dプリント機能を実装可能
3Dプリントに必要な機能をクラウドサービスとして活用することができるため、アプリやWEBサービスに3Dプリント機能をすぐに追加することができます。クラウド利用開始手続きも、rinkakオンライン上ですぐに行えます。
(2) 使える素材バリエーションは全30種類以上
rinkakで扱う素材バリエーションをすべて利用でき、プラスチックはもちろん、陶器や金属、ラバー、石膏、また最大12種類のカラーバリエーションの中から素材を選ぶことができます。
(3) 「rinkak」で使える機能・サービスをそのままに
rinkakが提供するマーケットプレイス機能、3Dプリントサービスをはじめ、自動価格計算機能、自動3Dデータチェック機能、リミックス機能、カート機能、決裁・発送サービスなど多様な機能・サービスをそのまま利用することができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング