稲盛和夫京セラ名誉会長の知恵袋が明かす「アメーバ経営」の実践書 『全員で稼ぐ組織 JALを再生させた「アメーバ経営」の教科書』

PR TIMES / 2014年5月29日 10時40分

 日経BP社(本社:東京、社長:長田公平)は2014年5月29日(木)、単行本『全員で稼ぐ組織 JALを再生させた
「アメーバ経営」の教科書』(森田直行著、定価1600円+税、ソフトカバー・252ページ)を刊行しました。




■社員全員に「稼ぐ感覚」を注入、経営・マネジメント層待望の一冊
「アメーバ経営」を知り尽くした著者による、企業経営者必読の一冊である。
──稲盛和夫京セラ名誉会長

稲盛名誉会長の懐刀、森田直行氏による初の著書

 2010年1月、会社更生法の適用を申請し事実上倒産をした日本航空(JAL)。会社更生法を活用しても
二次破綻は免れないと懸念されたJAL再建の命運を託された稲盛和夫京セラ名誉会長は、「自分がやるなら、
フィロソフィとアメーバ経営しかない」と考え、ブレーンとして京セラグループから引き連れていったのが
本書『全員で稼ぐ組織』の著者、森田直行氏でした。

 森田氏は京セラ元副会長で、1967年京セラ入社直後からアメーバ経営の仕組みと情報システムの確立・
推進を担ってきたアメーバ経営のプロフェッショナルです。

 本書『全員で稼ぐ組織 JALを再生させた「アメーバ」経営の教科書』は、稲盛氏のもとで、40年以上に
わたってアメーバ経営の確立に尽力してきた森田直行氏の初の著書。JALを再生させた立役者の一人で
あり、また京セラグループの中で、アメーバ経営に最も精通し、現在は京セラのグループ会社(KCCS
マネジメントコンサルティング)で外部企業にアメーバ経営の導入を進めている森田氏が、アメーバ経営の
ノウハウと実践方法を、導入事例(製造業、サービス業、医療機関、介護サービス)を交えてわかりやすく
詳述した、企業経営者やマネジメント層待望の1冊です。

 巻末に見開き2ページでアメーバ経営のポイントをわかりやすく解説した「早わかりアメーバ経営」と、一般
の経営用語とは異なる意味を持つ「アメーバ経営用語」の解説集を付録として収録しています。

■目次
第1章 アメーバ経営とは、どんな経営手法なのか
第2章 JAL再生の原動力となったアメーバ経営
第3章 導入事例に学ぶアメーバ経営
第4章 業界を超えて広がるアメーバ経営
第5章 世界に広がるアメーバ経営
付録1 早わかりアメーバ経営
付録2 アメーバ経営用語集

■著者紹介
森田 直行 Naoyuki Morita
KCCSマネジメントコンサルティング(KCMC)会長。1942年、福岡県生まれ。1967年、鹿児島大学卒業後、
京都セラミック(現・京セラ)に入社。アメーバ経営の仕組みと情報システムの確立・推進を担当。
1995年、社内ベンチャーとして立ち上げた事業をベースに京セラコミュニケーションシステム(KCCS)を設立、
社長に就任(現・相談役)。2006年、京セラ副会長。同年、KCCSのコンサルティング部門を分社化しKCMCを
設立、社長に就任。2010年、経営破綻したJALグループの再建に参画、副社長として稲盛和夫京セラ名誉
会長とともに部門別採算制度の導入による経営改革を実行、再建に貢献した。2011年、KCMC会長。
2012年、中国に京瓷阿美巴管理顧問(上海)有限公司を設立、董事長に就任。アメーバ経営の伝道に
日々心血を注いでいる。

■日経BP社の「アメーバ経営」「稲盛和夫氏」関連書籍
『経営者とは 稲盛和夫とその門下生たち』(日経トップリーダー編 13年6月発行)
『人生の王道 西郷南洲の教えに学ぶ』(稲盛和夫著 07年9月発行)


■商品情報
書名: 『全員で稼ぐ組織 JALを再生させた「アメーバ」経営の教科書』
著者名: 森田 直行
発行日: 2014年5月29日
価格: 1600円+税
ISBN: 978-4-8222-5020-1
発行: 日経BP社
発売: 日経BPマーケティング
判型: 四六判(ソフトカバー)・252ページ
Amazon: http://www.amazon.co.jp/dp/4822250202/

【取材に関するお問い合わせ】
 本件についてのお問い合わせは、コーポレート管理室(広報)、電話03-6811-8556にお願いいたします。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング