Xiaomi、SABIC樹脂素材3種類を超薄型の新型Mi2Aスマートフォンに採用

PR TIMES / 2014年2月11日 13時9分

サウジ基礎産業公社(Saudi Basic Industries Corporation、以下SABIC)の日本における法人であるSABICイノベーティブプラスチックスジャパン合同会社(以下、SABIC-IP)は、モバイルインターネット企業であるXiaomi(シャオミ)が薄型で耐久性の強いバックプレートやアンテナ一体型フレームなど、消費者の要望に応えるMi2Aスマートフォンの開発のため、SABIC-IPの樹脂素材3種類を採用したと発表しました。



Xiaomiは創業以来、消費者の強まる要望に対応するため、非常に薄く、コンパクトで軽量なスマートフォンの開発に注力しています。スマートフォンの形状の美しさが強調されるようになった結果、消費者は機能と同様に端末のルック&フィールを重要視するようになり、端末メーカーは、小型かつ魅力的な形状を持つスマートフォンの開発にしのぎを削っています。Xiaomi は SABICのLNP(TM) THERMOCOMP(TM) コンパウンド、LNP THERMOCOMP LDSおよびLEXAN(TM) EXL樹脂の採用により、複雑な技術仕様を充たしながら、デザインや美的アピールを損なわないスマートフォンを製造し、市場競争で優位性を確保することができます。

SABICイノベーティブプラスチックス コンシューマーエレクトロニクス マーケティング ディレクターのマシュー・グレイ(Matthew Gray)は「消費者は多機能かつ、コンパクトで薄型のスマートフォンを求めており、メーカーは部品をさらに強化する新しい方法と、よりコンパクトなスマートフォン端末に適合する材料の確保の両立を模索しています。SABICイノベーティブプラスチックスは、Xiaomiのデザインや性能を損なわずに余剰スペースと端末の重量を軽減し、アンテナをスマートフォンのフレームに一体化できる樹脂素材の組み合わせを提供しました。さらに、3種類の樹脂素材をスマートフォンに採用することで、顧客が適合性の検証に費やす時間が削減され、非常に優れた価値を持つ最先端のスマートフォン端末の開発が実現します」と述べています。

SABIC-IPの新素材である、LNP THERMOCOMP コンパウンドは、LNP THERMOCOMP LDSと共に、強さ、堅さ、衝撃耐性が必要となるスマートフォンフレームと、一体型アンテナの開発に使用されています。端末の小型化の実現や、アンテナを端末に取り付ける二次プロセスが不要となるなど、顧客の組み立て時間やコストの削減につながる非常に魅力的な素材です。さらに、LEXAN EXL樹脂の採用により、バックプレートにリッチで宝石のようなトーンの色彩を配色が実現します。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング