日本初上陸のアンダーズホテル「アンダーズ 東京」6月11日開業

PR TIMES / 2014年3月24日 16時47分

アンダーズ 東京

「アンダーズ 東京(Andaz Tokyo Toranomon Hills)」のオープンが2014年6月11日に決定いたしました。ハイアットが運営し、日本初、世界で12軒目となるアンダーズ 東京では、6月11日以降の宿泊予約も開始いたしました。



アンダーズは、ロンドンやニューヨーク、ハリウッド、上海など、世界中のダイナミックな都市に展開するライフスタイルホテルです。地域の個性を大切にし、その土地の魅力をデザインやサービスに取り入れるため、それぞれのアンダーズホテルが個々に異なる顔を持っているのが特徴です。

「素晴らしい歴史とダイナミックな未来をつなぐ架け橋となる虎ノ門の地に、アンダーズブランドが誕生することを大変嬉しく思います」とアンダーズ 東京の総支配人アルノー・ド・サン=テグジュペリは述べています。「ヒンディ語で『パーソナルスタイル』を意味するアンダーズは、ゲスト一人ひとりのライフスタイルに合わせた、新しいタイプのホテル体験を提供します。型にとらわれず、日本らしさを大切にしたサービスにより、ゲストの皆さまには、まるでご自宅にいるかのように心からリラックスした上質な時間をお過ごし頂きたいと願っています。」

アンダーズ 東京は、地上52階建ての超高層複合ビル「虎ノ門ヒルズ」の47-52階の6フロアを占めます。東京の中心と臨海部をつなぐ革新的な都市開発のプロジェクトの一部として誕生する虎ノ門ヒルズの地下には環状二号線が貫通し、地上部は東京のシンボルストリート「新虎通り」が整備されます。銀座や丸の内、霞ヶ関、新橋、赤坂、六本木などのエリアへのアクセスが便利な中心地に位置し、ビジネスにも旅行にも最適なロケーションとなります。

ようこそ、アンダーズ 東京へ

アンダーズ 東京の内装デザインは、世界的に活躍する二人のデザイナー 、ニューヨークを拠点とするトニー・チー氏と日本人デザイナーの緒方慎一郎氏が手掛けました。内なる美、余分なものを削いだ純粋さを大切にする日本の美意識を尊重し、素材には和紙やクルミ材などの自然素材を取り入れています。またふすまや障子のアイディアにヒントを得たデザインが空間の動きをつくり、シンプルでありながらも洗練された空間となっています。

アンダーズのスタイルは、到着して最初にご案内する51階の「アンダーズ ラウンジ」から感じていただけます。ロビーの概念を取りのぞいたこの場所では、従来のホテルのようにドアマン、フロント、コンシェルジュ、ベルアテンダントというセクション毎の業務分担をなくし、さまざまな表情をもつマルチタスクの「アンダーズ ホスト」がゲストの皆さまをお迎えします。チェックインは、アンダーズ ラウンジのソファでエスプレッソやウェルカムドリンクを片手にゆっくりと会話を楽しみながら、あるいはお急ぎのゲストの方は客室にご案内しながらなど、個々のスタイルに合わせて行います。
47階から50階にあるのは、8室のスイートルームを含む、164室の客室です。スタンダードでも50m2 ある客室からは、東京の素晴らしい眺望をお楽しみいただけます。日本のお風呂の考えを取り入れた広くゆとりのあるバスタブを備え、またゲストの皆さまには家のようにくつろいで頂きたいという思いから、部屋のミニバーのソフトドリンクやスナック、市内電話、WiFi接続はすべて無料でお使い頂けます。

51階のアンダーズ ラウンジの隣には、メインダイニングとなる「アンダーズ タヴァーン」。52階までの吹き抜けを含む広々とした空間です。大きなガラス窓からは、四季折々に移ろう美しい皇居やスカイツリーの景観を望むことができます。レストランの天井から吊るされた木の彫刻は、イギリス人アーティストのチャーリー・ウィニー氏による作品で、洗練された空間にエネルギーとリズムを与え、場に活気を与えます。ソファのあるラウンジとバーを備えた212席のダイニングエリアでは、新鮮な日本の食材を使い、洗練された西洋料理をご提供する予定です。

52階のルーフトップは、古典的な日本建築と庭園を現代的に解釈したフロアです。日本古来の神社は現代的なチャペルとして、おもてなしの場である茶室はルーフトップバーとして、思考と探求の場である書院はアンダーズ スタジオとして、3つのエリアが構成されています。東京で一番高い場所にあり、息をのむような見晴らしが広がるチャペルには、すでに多くの新郎新婦から婚礼の予約を頂いています。またルーフトップバーからも東京湾の圧倒的な景色を望むことができます。日本の茶室に着想を得たローカウンターのバーや活気があふれるカクテルバーで、お茶や季節のカクテル、お酒を愉しんで頂けます。

ホテルのゲストは、37階のスパ&クラブ「AO (アオ)」も自由にお使い頂けます。皇居を見渡すことのできる20mプールを含む1,350m2 のスパは、自然と水の融合をイメージしてつくられ、和紙でつくられた行灯の光が幻想的な雰囲気をつくりだします。

さらに新虎通りに面した1階には、クラフトビールやハンバーガーを気軽に愉しめるカジュアルダイニング「BeBu (ビブ)」。また「ペストリーショップ」では、素材にこだわったスイーツや焼き菓子を取り揃える予定です。

クリエイティビティが集う、アンダーズ サロン

世界中のアンダーズに共通し、自由でクリエイティブな才能が集う「アンダーズ サロン」。アンダーズ サロンは、アート、音楽、ファッションから映画まで、ゲストや地域の人が集い、お互いのクリエイティビティと想像力により刺激的な経験を楽しむ場です。アンダーズ サロンの活動は地域によってさまざまで、その都市の個性が表現されています。今まで開催されたアンダーズ サロンにつきましては、www.AndazSalon.com(英語のみ)をご覧ください。

アンダーズ 東京に関する最新情報はホテルのウェブサイトtokyo.andaz.hyatt.jp またはFacebook ページwww.facebook.com/AndazTokyo でご確認下さい。


本件に関するお問合せ先
アンダーズ 東京 開業準備室 マーケティング コミュニケーションズ / 遠藤眞理子、寺本美那
TEL: 03-6830-7751 FAX: 03-6830-1050 tyoaz.pr@andaz.com

客室予約に関するお問合せ先
アンダーズ 東京 リザベーション
TEL: 03-6830-1212 (月~金 9時~18時/土日祝 10時~18時)  http://tokyo.andaz.hyatt.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング