[猫のフィラリア症に関する意識調査] 危険な病気だとは思うけど、愛猫への予防は必要ない?!

PR TIMES / 2014年6月20日 9時40分

猫のフィラリア症、危険な病気だと思うオーナーが85%も、予防率は15%にとどまる

ゾエティス・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区)と、ペットの病気と健康に関する情報を発信するWEBサイトPetwell(ペットウェル)は、インターネットを通じ、「猫のフィラリア症」に関するアンケートを共同で実施しました。
フィラリア症は犬では有名ですが、猫にも感染し、時に重篤な症状や突然死を招くこともある危険な病気です。本調査では、猫オーナーのフィラリア症に対する意識や対策の実態を明らかにしました。




【猫のフィラリア症に関する意識調査】
危険な病気だとは思うけど、愛猫への予防は必要ない?!(ゾエティス・ジャパン&Petwell調べ)
◎猫がフィラリア症にかかることを「知っている」猫オーナーは78%
◎フィラリア症を「とても危険な病気」「どちらかといえば危険な病気」と思っている猫オーナーが85%
◎猫のフィラリア症の予防率は15%にとどまり、予防しない理由は「室内飼育だから」が69%で最多


ゾエティス・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区)と、ペットの病気と健康に関する情報を発信するWEBサイトPetwell(ペットウェル)は、インターネットを通じ、「猫のフィラリア症」に関するアンケートを共同で実施しました。フィラリア症は犬では有名ですが、猫にも感染し、時に重篤な症状や突然死を招くこともある危険な病気です。本調査では、猫オーナーのフィラリア症に対する意識や対策の実態を明らかにしました。

【調査方法】Petwellのユーザーに対しインターネット上でアンケートを実施
【調査期間】2013年12月24日~12月31日
【有効回答者数】283件(猫オーナー131名、犬オーナー152名)
【調査主】ゾエティス・ジャパン株式会社(http://www.zoetis.jp
     Petwell(http://www.petwell.jp


◆主な調査結果

1. 猫がフィラリア症にかかることを「知っている」猫オーナーが78%にのぼるも、
  「詳しく知っている」方は少なく(21%)、「なんとなく知っている」方が多い(57%)
2.猫のフィラリア症を「危険な病気だと思う」猫オーナーが85%以上にのぼる
3.猫のフィラリア症予防率は15%。犬の予防率(91%)と比較すると、顕著に低い割合
4.猫のフィラリア症を予防しない理由は、「室内飼育だから」(69%)が最多
5.「10頭に1頭の猫がフィラリア症に感染していた」という事実を聞くと、予防の必要性を感じる
  オーナーが95%に

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング