スマートフォンをお財布代わりにショッピング 「スマホでペイパルしよう!@表参道 クリスマスキャンペーン」

PR TIMES / 2013年12月16日 18時12分

ペイパル顔パス支払いキャンペーン 第二弾 2013年12月18日からスタート イルミネーションに彩られる表参道、原宿エリアでキャンペーン対象店舗拡大

PayPal Pte. Ltd.(本社:シンガポール、東京支店カントリーマネージャー:エレナ・ワイズ(Elena Wise)、以下「ペイパル」)、および日本PayPal株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 兼 CEO:多田 彰、以下「日本PayPal」)は、ペイパルが提供するスマートフォン用の無料アプリ「PayPal」を使った新しい支払い方法・顔パス支払い(チェックイン支払い)が体験できる「スマホでペイパルしよう!@表参道 クリスマスキャンペーン」を、2013年12月18日(水)~12月25日(水)の期間限定で開催します。

 本キャンペーンでは、キャンペーン対象店舗「ベーカリーカフェ 426 表参道」「CANDY・A・GO・GO 原宿竹下通り店」「カフェ ネスカフェ 原宿」で、期間中に顔パス支払いを使って買い物をすると、各店舗のオリジナル特典を受け取ることができます。顔パス支払いを複数店舗で同時に体験できるエリアイベントは、今回が初の試みであり、より多くのお客さまにペイパルが提供する新しい支払い方法・顔パス支払いを体験いただくことができるようになります。
なお、キャンペーン期間中は表参道・原宿エリアの中心部に特設のペイパル インフォメーションカウンターを設置し、ペイパルアカウント登録やアプリ設定のサポートを行います。また、ソフトバンク表参道ではソフトバンクのスマートフォン利用者向けにペイパルアカウント登録を行い、登録者には特製ノベルティを進呈いたします。

 ペイパルと日本PayPalは、2012年9月から日本国内で初めて、スマートフォン決済ソリューション「PayPal Here(tm)」の提供を開始し、多くの業種・規模の事業主に導入を推進してまいりました。今回の「スマホでペイパルしよう!@表参道 クリスマスキャンペーン」は、飲食業界ならびにお客さまへのさらなる普及を図るため、商店街振興組合原宿表参道欅会による協力のもと実施いたします。本キャンペーンにより、ペイパルの新しい支払い方法・顔パス支払いの認知拡大を図ってまいります。

 なお、各店舗の賛同を得て、本キャンペーンでのペイパルの収益は、特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォームを通じてフィリピン・台風ハイエン(台風30号)被災者支援のための「フィリピン台風緊急募金」に全額寄付いたします。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング