グッドパッチ、プロトタイピングツール『Prott』Apple Watchアプリのプロトタイプが作成可能に!

PR TIMES / 2014年12月10日 13時1分

株式会社グッドパッチ(代表取締役:土屋尚史、本社:東京都渋谷区、以下「グッドパッチ」)が運営しているプロトタイピングツール「Prott」( http://prottapp.com/ )がプロトタイピング対応デバイスとしてApple Watchを追加したことをお知らせします。




Prott(プロット)はモバイルサイトやアプリを開発するデザイナー・エンジニア・ディレクターなどのチームのために作られたプロトタイピングツールです。アプリの画面の手描きスケッチや画像ファイルを読み込み、操作や画面遷移を実際のアプリのように設定することで、簡単にプロトタイプを作成することを実現しています。iOS・デスクトップ・Web版Prottを必要に応じて使い分けることができ、さらにSlackやHipchatなどの外部サービスとのAPI連携にも対応することで、チームによる高速プロトタイピングが可能です。10月に正式サービスの開始以降、デザインコンサルティング・ソーシャルゲーム・ネットメディアなど幅広い業界でデザインプロセスの改善や新規サービス・ゲームなどの開発に活用されています。

世界に先駆けて未発売のApple Watchに対応!
今まではProttはiPhone 6・iPhone 6 Plusから、iPhone 5・iPad・Android・カスタムサイズに対応するモバイルアプリやサイトのプロトタイプを作成することが可能でした。Apple Watchは2015年に発売予定で、専用アプリケーションの開発キット「WatchKit」が開発者向けに公開され、Apple Watchの情報が公開され始めています。その中でグッドパッチは"人々のハートを揺さぶるようなDesign&Productを生み出し、世界をより良い方向に前進させる"という信念の元、日々Prottを開発しています。世界に先駆けて、いち早く新しいプロダクトのプロトタイプを作成できる環境を生み出し、よりよいデザインのサービスを世の中に増やすために今回、Apple Watchの対応を決めました。

プレゼンテーションモードでより利用シーンのイメージしやすい状況へ
Prottのプレゼンテーションモードでベルトのカラー・及び背景を選べます。自分で画像をアップロードすることも可能なので、天井を移すことで実際に寝っ転がってApple Watchを見ている、ようなイメージがよりしやすくなります。よりユーザー目線に近い状態でデザインを考えましょう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング