お正月まで待ちきれない!まるで洋菓子店のロールケーキのような 「しっとりとした食感」と「上品な甘み」でリピーター続出。 冬季限定のロングセラー『伊達巻』が好評発売中。 ほか「おせちかまぼこ」も発売中。

PR TIMES / 2014年12月9日 10時47分

「甘すぎない上品な甘み」と「ほどよいしっとり感」が好評。

笹かまぼこの老舗 阿部蒲鉾店(宮城県仙台市、代表取締役社長 阿部賀寿男)では、毎年多くのお客様にリピート頂いている「手づくりおせちかまぼこ」を冬季限定で販売しております。

長年愛されている『伊達巻』は、一つひとつ手作業で丁寧に巻き上げており、上品な甘みと、ふわっと、しっとりした絶妙な食感が特長です。また、上級グレードのすり身だけを使用した板かまぼこ『小板(紅・白)』と『なると巻』は、仙台の老舗蕎麦屋でも愛用されている逸品です。

(おせちかまぼこ特設ページ:http://www.abekama.co.jp/shop/user_data/osechi.php



「甘すぎない上品な甘み」と「ほどよいしっとり感」が好評。

笹かまぼこの老舗 阿部蒲鉾店(宮城県仙台市、代表取締役社長 阿部賀寿男)では、毎年多くのお客様にリピート頂いている「手づくりおせちかまぼこ」を冬季限定で販売しております。

長年愛されている『伊達巻』は、一つひとつ手作業で丁寧に巻き上げており、上品な甘みと、ふわっと、しっとりした絶妙な食感が特長です。また、上級グレードのすり身だけを使用した板かまぼこ『小板(紅・白)』と『なると巻』は、仙台の老舗蕎麦屋でも愛用されている逸品です。

(おせちかまぼこ特設ページ:http://www.abekama.co.jp/shop/user_data/osechi.php

■『伊達巻』、食感のひみつは、職人による手巻き。
 しかも「仮巻き」、「本巻き」と二度に分けてすだれで丁寧に巻き上げ。

長年多くのお客様に愛されている『伊達巻』は、豊かな風味と、ふわっと、しっとりした絶妙な食感が特長。洋菓子店のロールケーキのようというお客様もいらっしゃいます。卵をたっぷり使った生地をじっくりと焼き上げ、一つひとつ手作業で丁寧に巻き上げることで、素材の味が活きている、ふっくら上品な甘さに仕上がっています(1本 税込1,188円)。

その絶妙な食感を生み出しているのは、「仮巻き」、「本巻き」と二度に分けてすだれで丁寧に巻き上げる職人技です。一度に巻き上げてしまうと、ふわっと・しっとりとした食感にはなりません。また、伊達巻独特の「の」の字も崩れてしまいます。あえて手をかける創業当時から変わらない製法と、門外不出のレシピにより、製造の自動化が進んでいる他社とは一線を画す、リピーター続出の逸品をお届けしております。お客様からは「阿部かまの伊達巻を食べたら、他のは食べられない」との声をよくいただきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング