新生活に取り入れたい、イマドキ女子の新常識!仕事もプライベートも“はかどる”女子はガムを噛む!

PR TIMES / 2014年3月27日 15時4分

~ガムなら恋までハカどーる~ 「合コン・街コン後、異性に誘われる」 : “噛む派”約47%、“噛まない派”約16%



モンデリーズ・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区 / 代表取締役社長:リアン・カッツ)は、ライフスタイルを見つめ直すきっかけとなる新生活シーズンに合わせて、ガムがライフスタイルに与える影響について探るため、20代~40代で仕事をしている男女計900名を対象に「ガムに関する調査」を行いました。

ガム市場のシェアは、2012年時点で2004年比70%まで減少(※)しているものの、「仕事中に手軽に出来る気分転換の方法として、普段していることは何ですか」と質問したところ、男女ともに約35%が「ガムを噛む」、約65%が「その他(キャンディ/タブレット/コーヒー/炭酸)」と回答。男性の方がガムを噛むイメージがあるかもしれませんが、女性も3人に1人は仕事を効率よく進めるアイテムとして、ガムを選んでいることがわかりました。

今回はその女性に注目し、気分転換にガムを“噛む派”と“噛まない派”で、ライフスタイルにどのような違いがあるのかを比較しています。さらに、合コンシェルジュの絵音さんに、ガムを噛む女性に見られる傾向と“モテ”についてお話を伺いました。調査結果の要旨は以下の通りです。

※出典:日本チューインガム協会


【調査結果】(女性:N=450)
1.ガムを噛むと、『リア充』になる!?
■仕事の充実度(5点満点中4点以上の割合)《約15%差》
“噛む派”:約53% ⇔ “噛まない派”:約38%

■プライベートの充実度(5点満点中4点以上の割合)《約15%差》
“噛む派”:約60% ⇔ “噛まない派”:約45%

2.恋まで“はかどる”秘訣はガムだった!?
■異性にモテる方だと思う《約15%差》
“噛む派”:約52% ⇔ “噛まない派”:約37%

■合コン・街コン後、異性に誘われる《約31%差》
“噛む派”:約47% ⇔ “噛まない派”:約16%


【調査概要】
■調査期間:2014年3月5日~3月6日
■対象:首都圏男女合計900名(条件:フルタイムで働いている/20代~40代の各年代300名)
■方法:インターネットによるアンケート回答方式(楽天リサーチ株式会社)


【1.ガムを噛むと、『リア充』になる!?】
仕事中の気分転換にガムを“噛む派”と“噛まない派”で、仕事とプライベートそれぞれについての充実度を調べてみました。【図1・2】
その結果、仕事の充実度が高い女性(「5点」「4点」)の割合は、“噛む派”で約53%いるのに対し、“噛まない派”は約38%。プライベートでは、“噛む派”の約60%が高い充実度を感じているのに対し、“噛まない派”は約45%に留まりました。ガムを噛む習慣のある女性は、仕事もプライベートも順調にはかどり、毎日を楽しんでいる人が多いということが分かります。
また、仕事をスケジュール通りに進められますかという質問(【図3】)に対し、進められる(「いつも」「大抵」)と答えた女性は、“噛む派”が約57%、“噛まない派”は約47%で、ここでも10%もの差がつきました。ガムを噛むことで仕事を効率よく進められ、プライベートを楽しむ時間を作っているのかもしれません。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング