食品・飲料メーカーの飲食店開拓をサポートする「飲食店ダイレクト」メーカーへのご紹介店舗数が累計10万店突破!紹介料が一部無料になるキャンペーンを実施中

PR TIMES / 2014年12月3日 15時24分

株式会社マネタイズ(所在地:東京都新宿区、代表取締役:高梨巧)が提供する食品・飲料メーカー向け飲食店新規開拓サービス「飲食店ダイレクト」の、メーカーへの紹介件数が、2014年11月末時点で累計10万店を突破しました。
これを記念して、「飲食店ダイレクト」では12月中に成約した企業のうち、先着3社に限り、紹介10件分まで料金を無料とするキャンペーンを実施します。




◆飲食店ダイレクトとは
日本全国約70万店の飲食店に対し、食品・飲料メーカーの商品情報を、ターゲットの飲食店に合った方法(ネット・FAX・DMなど)を通じて提供し、その会社の商品のサンプリングやツール提供に興味を持つ見込み顧客(店舗)のみを直接ご紹介するサービスです。

料金は、見込み顧客(店舗)からの申込みや問合せの件数に応じた完全成果報酬型のため、一般的な広告のような無駄がありません。

○飲食店のメリット
・無作為に送られてくる広告メールと異なり、自店舗にメリットのある情報が手に入る
・飛び込み営業と異なり、自分の都合にあわせて検討・判断することができる
・単なる製品情報ではなく、商品サンプルや販促ツールが手に入る
・なじみの営業担当者を気にすることなく、他メーカーの商品を試せる

○メーカーのメリット
・一度に広いエリアにアプローチできるため、営業コストを節約できる
・興味のある店舗のみからプル型で問合せが来るため、営業の成功率が高い
・成果報酬型なので、リスクが小さい
・競合他社製品を使っている店舗に対してもアプローチできる


◆ご紹介店舗数10万件突破について
サービス開始から順調に利用件数を増やし、特にメニュー開発に課題を持っていた飲食店からの申込みが多数集まり、2014年11月末に紹介件数10万店を突破いたしました。


◆過去1年間の利用状況から見る飲食店のニーズ
飲食店から申込件数で最も多いのが食品の無料サンプルで85.9%、続いて飲料の無料サンプルが6.5%。その後に会員登録が続きます。
飲食店では激しい競争の中、いかに利益率を維持しつつ顧客に喜ばれるメニューを開発するかが経営上の大きな課題となっており、その課題を解決するような食材やメニューの提案を望んでいることがわかります。

また、食品・飲料の無料サンプルを申し込んだ理由でいちばん多かったのは「初めて知ったから」の34.7%で、食品・飲料メーカーの業務用商品を知ってもらうきっかけになっていることが伺えます。「類似商品と比較したい」「他の店と差別化したい」という意見も出てきており、他社商品を使っている飲食店にもニーズがあることが分かりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング