日本の「ものづくり」の 分野で活躍する団体、個人を3Dプリンタでサポート

PR TIMES / 2014年8月7日 15時36分

第1弾として“Fablab Oita”の地域連携授業を支援

XYZプリンティングジャパン株式会社(本社:東京都板橋区、社長:沈 軾栄(Simon Shen))は本日、日本の「ものづくり」の分野で活躍する団体、個人を3Dプリンタでサポートすることを発表しました。
悠久の時の中で受け継がれ、さまざまな技術や逸品が誕生し、「Made in Japan」と世界から絶賛される日本の「ものづくり」。XYZプリンティングジャパンは、「ものづくり」に新たなアイデアや潮流を産みだす団体や個人を応援したいと考えており、第1弾として、“Fablab Oita”が進める大分県での地域連携授業をサポートすることを発表しました。


“Fablab Oita”の運営には“ものづくり系女子”として活動する神田 沙織 氏が関わっており、神田 氏はファブリケーションデザイナーの平本 知樹 氏と共に8月11日、12日および9月16日、17日、18日に、大分県立芸術文化短期大学にて「デザイン特論」と題した講義を行います。この講義は美術科デザイン専攻の3年次講義として初の取り組みで、学内キャンパスだけでなく“Fablab Oita”を拠点として連携し、製品プロトタイプまでを一環して体験する集中講義です。XYZプリンティングジャパンは、優れた使い勝手と低価格を両立した3Dプリンタ「ダヴィンチ 1.0」を2台、「ダヴィンチ 2.0 Duo」を1台とフィラメント 5個をこの講義に提供します。

神田氏はデザイン特論講義にて、学生に「ものづくり」の楽しさや面白さを伝え、3Dプリンタをはじめとするデジタルファブリケーション機器の利用方法などを説明し、8月の講義の際には、実際に3Dプリンタを使った制作の宿題を出す予定です。学生は、1ヶ月後となる9月の講義までダヴィンチ1.0を自由に使って宿題に取り組み、作品発表や学生間同士によるディスカッションによって新たなアイデアの発見を目指します。

神田 氏とXYZプリンティングジャパンは、この講義が学生にとって「ものづくり」を詳しく知るきっかけとなり、未来の日本の「ものづくり」を支える人材が1人でも多く世に輩出されることを期待しています。

コストパフォーマンスに優れた3Dプリンタを世界中の方にお届けすることを使命として誕生したXYZプリンティングジャパンは、多くの方々に3Dプリンタの素晴らしさを実感してもらいたいと考えています。今後も、ものづくりの分野で活躍している団体、個人への支援を通じて、日本のものづくりをサポートしてまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング