~11月18日は「土木の日」~ 2015年3月に開通する山手トンネル(高速湾岸線~高速3号渋谷線)の先端技術を紹介!

PR TIMES / 2014年11月12日 15時49分

~各種イベント展示を実施“首都高で羽田が近くなる!”&“ハイウェイテクノフェア2014”~



 首都高速道路株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:菅原 秀夫)は、より多くの皆さまに「中央環状線山手トンネル(高速湾岸線~高速3号渋谷線)-中央環状品川線-」に対するご理解を深めていただくため、11月18日「土木の日」にちなんで、これまでの工事で導入されてきた先端技術等を各種イベントにて紹介いたします。

 11月18日「土木の日」は、土木学会の前身である「工学会」の創立が1879年11月18日であることと、土木の2文字を分解すると「十一」と「十八」になることから、1987年に建設省(現在の国土交通省)の支援を受けて日本土木工業協会等により制定されました。

 現在、2015年3月の開通に向けて工事の最終段階に入った中央環状線山手トンネル(高速湾岸線~高速3号渋谷線)は、様々な先端技術により建設工事が進められてきました。

■工事の様子を撮影した定点観測カメラの映像(首都高速道路(株)HP)
http://www.shutoko.jp/ss/tokyo-smooth/shinagawa/movie/


 


<大井ジャンクション>

この度、中央環状線山手トンネル(高速湾岸線~高速3号渋谷線)の建設に用いられた様々な先端技術や、中央環状線の全線開通によるネットワーク効果などについて、「土木の日」を含んだ5日間にわたる2つのイベント展示によって詳しく紹介いたします。

=====================================
1. 土木の日イベント“首都高で羽田が近くなる!”
=====================================
 中央環状線山手トンネル(高速湾岸線~高速3号渋谷線)の開通により、さらに便利に、利用しやすくなる羽田空港。そのイベントスペースにおいて、中央環状線山手トンネル(高速湾岸線~高速3号渋谷線)の建設工事に用いられている様々な先端技術や、新宿~羽田空港の所要時間が20分も大幅に短縮されるといったアクセス向上の効果等、その魅力について詳しくご紹介いたします。
 また、本イベントでアンケートにお答えいただいた方に、素敵なプレゼントをお渡しいたします。

■開催日時:2014年11月17日(月)~19日(水) 10:00~17:00
■開催場所:羽田空港 第1ターミナル2階 フェスティバルコート
■会場案内図:

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング