イケメン納棺士と野村総研2030年研究室長が語る生と死とは?

PR TIMES / 2014年12月18日 9時47分

六本木ヒルズで「おくりびと」が語るイベント開催

「おくりびと」といえば、アカデミー賞を受賞した映画『おくりびと』を思い出す方が多いでしょう。
その映画「おくりびと」の技術監修をしていた人こそ、イケメン納棺士 木村さんのお父様なのです。そんな背中を見て育った木村さんの納棺の儀の美しさ、細部までのこだわりをぜひ体感していただきたい。必ず彼の立ち振る舞いに魅了されること間違いなし!近年さらなる盛り上がりをみせるソーシャルビジネスの先駆者たちが出演するイベント in 六本木ヒルズで株式会社おくりびとアカデミー代表取締役であるイケメン納棺士の「木村光希」さんと、野村総合研究所2030年研究室室長の「齋藤義明」さんをお招きします!!
Presented by NPO法人Ubdobe & 介護ラボしゅう



株式会社おくりびとアカデミー 代表取締役であるイケメン納棺士 木村光希氏が「日本式納棺技術をアジア全域に広める理由」を【Human Welfare Conference Japan スピンオフセミナー】in 六本木ヒルズで語ります。

映画の中で描かれた「納棺師」(納棺士)は、まぎれもなく死への旅立ちをお手伝いする「おくりびと」です。しかしながら、「納棺」という行為自体は、「死」(エンディング)に関する断片的な一部に過ぎません。人が、この世に生を受け、天寿をまっとうするまでの間、避けては通れない「死」と真摯に向き合う機会がどれだけあるでしょうか。日常生活においては極力避けておきたい「死」ですが、真実としては、誰もが避けては通れない、人生一度きりの幕引きです。それが「悲しみの場」であることは間違いありません。ただ、「死」への関わり方にはもっと自由なアプローチがあってもよいのではないかと考えます。命の終焉に寄り添う人々、それが『おくりびとアカデミー』の考える、「おくりびと」です。(おくりびとアカデミーより抜粋)


近年さらなる盛り上がりをみせるソーシャルビジネスに目を向けていますか?
社会公共性のある事業を通して社会貢献ができることから心の満足も求めている人が年々増えてきていると感じています。今回の連続セミナーでは時代の一歩先を行く先駆者たちの生の声をお届けします!
必ずあなたの明日のヒントになる!
Presented by NPO法人Ubdobe & 介護ラボしゅう


FACEBOOK PAGE:https://www.facebook.com/events/1497141117222221/
HOME PAGE:http://ubdobe.jp/news/2256.php

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング