パーティの普及活動をするカルチャークラブ「TOKYO PARTY CLUB」の1周年記念フリーパーティが渋谷パルコ パート2跡地にできたhotel koe tokyoで開催

PR TIMES / 2018年3月20日 12時1分

パーティのことを真面目に考え、活動するカルチャークラブ「TOKYO PARTY CLUB」の1周年記念フリーパーティを渋谷パルコ パート2跡地にできた”hotel koe tokyo”で2018年3月20日(火)開催。



[画像1: https://prtimes.jp/i/30528/4/resize/d30528-4-683066-2.jpg ]

パーティのことを真面目に考え、活動するカルチャークラブ「TOKYO PARTY CLUB」の1周年記念フリーパーティを渋谷パルコ パート2跡地にできた”hotel koé tokyo”で2018年3月20日(火)に開催する事が決定致しましたのでお知らせさせて頂きます。

2017年より活動をスタートさせ、表参道”WALL&WALL”、千葉の”PENTHOUSE”、立川にある日本最大のフェイクビーチ”TACHIHI BEACH”、恵比寿にオープンしたばかりの株式会社OXXS(オックス)が運営する福井居酒屋”Ku-Fuku”でのIZAKAYAパーティ、渋谷・神宮前”TRUNK (HOTEL)”にて美容室”PEEK-A-BOO”とのコラボパーティと色んなスペースで多角的なパーティを開催し続けてきた”TOKYO PARTY CLUB”。
リアルイベント以外にも、block.fmでのマンスリーラジオ番組やwarpwebでのコラム連載などを通じ、パーティカルチャーを拡げるべく日々活動している。

そのTOKYO PARTY CLUBが1周年を迎え、渋谷パルコ パート2跡地にできたソーシャルホテル”hotel koé tokyo”で「TOKYO PARTY CLUB 1ST ANNIVERSARY」 を開催する事が決定しました。

ラインナップとして発表されたのは、東京のストリートカルチャーを牽引してきた真柄尚武こと”DJ MAGARA”、日本全国、アジア各国のダンス・フロアからラヴ・コールが止まらない”DJ KYOKO”、オールナイトフジのプロデューサーとして、もはや生きる伝説とも言われる”Bryan Burton-Lewis”、May J. (avex rhythm zone)の専属 LIVE DJ としても活動している”DJ TOSHIYA”、ストリート・シーンにおいて注目を集めるヒップホップ・クルー、YENTOWNに所属の” DJ TSUBASA a.k.a. JAM”、フューチャーダンスホールミュージックを軸としたTOKYO POSE POSSEから”MATIMIX”、”HIJIRI-X”と多種多様なジャンルのDJが集結し、そして30分ずつプレイ。それぞれの最高の音楽を30分に思いを込めて提供いたします。

また、ULTRA Japan、Summer Sonic、Rockin Japan FESなど、数多くの大型フェスに出演している”VJ MANAMI”、多目的エンタテイメントスペースのフェス型クラブイベントageHa@STUDIO COASTで様々なビックパーティを演出してきた”LIGHTING MIURA”も参戦し、音楽と光と映像から作り上げるこの日限りの空間にも注目してください。

さらには1周年を皮切りにクラウドファンディングプラットフォームCAMPFIREにてクールで上品な遊び人“Professional Party People” と センスの塊 “Photographer” のセッションから、“一瞬を切り取る”という企画をスタート。最高の写真4カットをポストカード、Tシャツ、ロンT、コーチジャッケットにプリントし、リターンいたします。

( https://camp-fire.jp/projects/view/69067 ) 。尚、こちらのサンプル商品を当日のパーティにて展示いたします。

東京に欠かせないアーティストとTOKYO PARTY CLUBが作り上げる1日限りのパーティを是非体感してに来てください。


< アーティスト紹介 >
[画像2: https://prtimes.jp/i/30528/4/resize/d30528-4-450336-0.jpg ]

MAGARA from MASTERPIECESOUND
from A-1 CLOTHING, MASTERPIECE SOUND。JAMAICANA、 JAPANESEの良質なDUB PLATEを多数所有し、最新のDANCEHALLから古き良きREGGAE CLASSIC、HIP HOPにR&Bと幅広い選曲でDANCEを盛り上げて、踊らせるジョグリンサウンド、MASTERPIECE SOUNDの看板セレクター、MAGACHINことMAGARA。ブラックミュージックへの豊富な知識からなるそのセレクションで、ダンスフロアを永きにわたりロックし続けている。また、若者に絶大な人気を誇るアパレルブランド、MASTERPIECEを手掛けたことでも知られる東京ストリートシーンの大物である。
[画像3: https://prtimes.jp/i/30528/4/resize/d30528-4-846022-1.jpg ]

DJ KYOKO
東京のみならず、日本全国、アジア各国からラブコールが止まらぬ存在となったDJ KYOKO。2003年に本格的なDJキャリアをスタートさせて以来、キュートなルックスとキャラクターからは想像できないパワフルなプレイで、クラブやレセプションなど様々なパーティーに多数出演。2013年1月にベルリンのレーベル〈Farben〉からワールドワイド・リリースした『Time’s Fool』をはじめ、過去7タイトルのMIX CD累計販売枚入数は20,000枚を超え、名実ともにトップDJとしてのキャリアを着実に積み重ねている。

[画像4: https://prtimes.jp/i/30528/4/resize/d30528-4-191137-3.jpg ]

< TOKYO PARTY CLUBとは? >
東京のダンスミュージック・シーンの最前線で活躍するキーパーソンとのネットワークを活かし、シーンの裏側までを知り尽くしたメンバーが集い、スマートパーティ(上品に愉しむパーティ)の普及活動をするカルチャークラブ。他業種のコラボパーティや色んなスペースで多角的なパーティを開催。また、リアルイベント以外にも、block.fmでマンスリーラジオ番組やwarpwebでのコラム連載などを通じ、パーティカルチャーを拡げるべく日々活動している。
http://www.tokyopartyclub.com/

・スマートパーティとは?
音楽フェスティバルやクラブでのイベント、インストアパーティ、結婚式の二次会など、世の中には様々なパーティが存在します。色んな場所で幸せの空間や瞬間を作っているのに、パーティ = パリピ、パーティ = 下品、という印象がまだまだ強いのが現状です。僕たちはできる限り全ての人たちに愉しんでもらうため、その空間や場所に適した形を常に意識をして作ってます。上品と表現したら言い過ぎかもしれませんが、上品に愉しむパーティ = スマートパーティ と考えております。本当の遊び好きな人たちは、愉しめる場所を守るべく上品に遊んでおり、上品な遊び人が集まる場所 = スマートパーティでもあります。

< クラウドファンディングプラットフォーム[CAMPFIRE]にてProfessional Party People × Photographerプロジェクトスタート >
[画像5: https://prtimes.jp/i/30528/4/resize/d30528-4-374602-4.jpg ]

・クラウドファンディングをスタートした理由
パーティは人生を豊かにする一つのツールなのにイメージが良くないのが現状です。
イメージ向上、そして一般化させるために活動しております。
出来るだけ大勢の方々に幸せの空間を体験して欲しいのでエントランスフリーを基本として開催しているのですが、アーティストの方々に出演してもらい、演出してもらうにはどうしてもお金がかかります。
そこで集めた資金をフリーパーティの運営費の一部とさせて頂きたくプロジェクトを発足しました。
また、ただ資金を集めるのではなく、他のカルチャーに貢献できる方法があるのではないか?という観点から【Professional Party People × Photographer】という形で今回スタートさせて頂きました。

詳細 : https://camp-fire.jp/projects/view/69067

【Professional Party People × Photographer】
クールで上品な遊び人“Professional Party People” と センスの塊 “Photographer” のセッションから、“一瞬を切り取る”という企画。アーティスティックな写真4カットをポストカード、Tシャツ、ロンT、コーチジャケットにプリントし、リターンさせて頂きます。資金の使い道はもちろんアーティストに還元し、残った資金につきまして、フリーパーティの運営費の一部にあてさせて頂きます。

【Photographer ご紹介】
[画像6: https://prtimes.jp/i/30528/4/resize/d30528-4-947180-5.jpg ]


小山 曉/Koyama Satoru
スケートボーダー/フォトグラファー

1983年 福岡県生まれ
2002年 スケートボード、グラフィティーを通じて写真を撮り始める
2013年 A BATHING APE(R)→PRESENTS 大友克洋x河村康輔 コラボレーション展 /「Re:construct」一部共作@BAPE(R)→GALLERY KYOTO
2014年 二階調サトシ 個展「初夢」一部共作@TAMBOURIN GALLERY / dope 個展「1851」@TAMBOURIN GALLERY / NOddIN(R) 2nd exhibition@ CLASKA 8F The 8th Gallery / LIFE STYLE SHOCK BY SSS@VOILLD / HIDDEN CHAMPION issue35 Relese EXhibition@WAG
2015年 dope 個展「dope展」@TAMBOURIN GALLERY
2016年 Pressed Flower Exhibition「渇花」@渋谷ヒカリエ8/ CUBE1,2,3/Exhibition 「condense」江戸切子職人 小林昴平 共作 @QUIET NOISE arts and break

【Professional Party People ご紹介】
[画像7: https://prtimes.jp/i/30528/4/resize/d30528-4-782201-6.jpg ]


Haruka
大学卒業後、アパレルブランドにて販売・商品企画の経験を積む。また、同時にGOGO DANCERとして都内を拠点に活動し、多くのパーティやミュージックビデオへ出演。
その後、PR会社に入社をしPRディレクターとして美容・エンターテインメントを中心としたクライアントの案件に従事し、現在はフリーランスPR・モデルとして活動中。

< 開催概要 >


[画像8: https://prtimes.jp/i/30528/4/resize/d30528-4-147279-8.jpg ]


・開催場所:hotel koé tokyo
hotel koéは、ライフスタイルブランド「koé」のブランドコンセプトである「new basic for new culture」を体現する場として、「今」と「未来」、そして「日本」と「世界」を見据えたグローバルな視点でデザインされたホテルです。
ステイ/ファッション/ミュージック&フードの3つのキーワードを軸に日常と非日常の融合と新しい文化を生み出します。
http://hotelkoe.com/
[画像9: https://prtimes.jp/i/30528/4/resize/d30528-4-562010-9.jpg ]

イベント名
COCALERO PRESENTS TOKYO PARTY CLUB 1ST ANNIVERSARY

出演
DJ :
MAGARA from MASTERPIECE SOUND
DJ KYOKO
Bryan Burton-Lewis
DJ TOSHIYA
MATIMIX from TOKYO POSE POSSE
TSUBASA a.k.a JAM from YENTOWN
HIJIRI-X from TOKYO POSE POSSE
VJ:VJ MANAMI
LIGHTING:MIURA
HOSTTED BY:NORI & 21:00 & ITOBOY (TOKYO PARTY CLUB)
DOOR:エントランスフリー

EVENT URL: http://www.tokyopartyclub.com/party
クラウドファンディングURL: https://camp-fire.jp/projects/view/69067
Twitter: https://twitter.com/tokyopartyclub
Instagram: https://www.instagram.com/tokyopartyclub/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング