コンチネンタルタイヤ、『PremiumContact 6』が「auto motor und sport」誌(ドイツ)にて高い評価を獲得

PR TIMES / 2018年4月5日 14時1分



2018年4月5日
コンチネンタルタイヤ・ジャパン株式会社

コンチネンタルタイヤ、『PremiumContact 6』が
「auto motor und sport」誌(ドイツ)にて高い評価を獲得

[画像: https://prtimes.jp/i/31803/4/resize/d31803-4-133540-0.jpg ]


コンチネンタルタイヤ(本社:ドイツ、ハノーバー市)は、2018年3月1日、ドイツの自動車専門誌「auto motor und sport」No. 6/18号にて、『PremiumContact 6』が、専門家が最も推奨する製品として高い評価を得たことを発表いたしました。同誌は、タイヤサイズ「225/45R17」のサマータイヤ全11製品で走行テストを行い、『PremiumContact 6』はウェット路面におけるステアリング・フィードバック、ステアリングの正確さと、コーナリング時の卓越したグリップ力で専門家からの称賛を得るとともに、「最速ラップタイム」と「バランスのとれた性能」において高い評価を受けました。

今回の走行テストで使用されたタイヤサイズ「225/45 R 17」は、Audi A3、BMW 1シリーズ・2シリーズ、MINI Clubman、プジョー308、フォルクスワーゲンGolf といったコンパクトクラスのモデルで最も人気のあるサイズのひとつです。今回の走行テストでは、Audi A3が使用されました。

『PremiumContact 6』で、コンチネンタルはセダン向けタイヤが持つ優れた快適性能と、スポーティタイヤの性能の融合を実現しました。『PremiumContact 6』は、乗り心地、正確なステアリング・レスポンス、安全性、そして環境への配慮の全てを兼ね備えたタイヤです。

※本プレスリリースは、現地時間2018年3月1日にドイツ・ハノーバー市で発表した内容の参考訳です。万が一、英文原文と意味合いが異なる部分がある場合には英文が優先されます。

【コンチネンタル社について】
コンチネンタルは、人とモノの持続可能なコネクテッドモビリティ関わる先進的な技術やサービスを開発しています。1871年の創業以来、テクノロジーカンパニーとして、安全性、効率性、インテリジェンスを兼ね備えたアフォーダブルなソリューションを自動車、機械、交通、輸送のために提供しています。2017年度の売上高は約440億ユーロで、世界56カ国に約233,000人の従業員を擁しています。
www.continental-corporation.de

【タイヤ部門】
タイヤ部門は現在、全世界に24か所の生産および開発拠点を有しています。幅広い製品ラインナップと研究開発への継続的な投資により、コスト効率的で環境にやさしいモビリティに大きく貢献しています。

【乗用車・ライトトラック用タイヤ】
乗用車・ライトトラック用タイヤは、ヨーロッパ市場においてトップメーカーのひとつであり、新車装着タイヤ、補修用タイヤ市場において世界4位です。自社のプレミアムブランドの製品開発において、転がり抵抗を最小化しながら、安全関連のあらゆる特性を最適化することに焦点を当てています。
www.continental-reifen.de

【スポンサーシップ】
コンチネンタルのタイヤ部門は、AFCアジアカップUAE2019のオフィシャルスポンサーです。
日本語公式サイト: http://www.continental-tire.jp
日本語公式Facebookページ: http://www.facebook.com/continental.japan

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

×

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング