PoliPoliが『NEM』ブロックチェーンを用いた開発強化のためLCNEMと事業提携

PR TIMES / 2018年5月28日 10時1分

株式会社PoliPoli(本社:神奈川県相模原市、代表取締役社長:伊藤 和真、以下「PoliPoli」)と株式会社LCNEM(本社:京都府京都市、代表取締役社長:木村 優、以下「LCNEM」)は、本日、以下のとおり業務提携をいたしましたので、お知らせいたします。また、この提携契約はNEMブロックチェーンの機能である「アポスティーユ」にて、ブロックチェーン上に書き込んでいます。



[画像1: https://prtimes.jp/i/32735/4/resize/d32735-4-277255-2.jpg ]

■ 業務提携の背景
2017年、仮想通貨バブル、そして2018年のコインチェック事件に伴い、ブロックチェーン技術を用いた仮想通貨への期待性が高まりつつ、仮想通貨への盗難などの不安も高まっております。

PoliPoliは、政治×トークンエコノミーを目指す「ポリポリ」が独自通貨発行するにあたって、日本のコミュニティの成熟性、開発のセキュリティ担保などを考慮して、『NEM』ブロックチェーンを用いる方針を取っております。
また、LCNEMはNEMのブロックチェーンで発行されたXEMだけでなく、NEMのブロックチェーンの独自通貨となる、モザイクに対応する「LCNEM Wallet」を開発しています。

こうした背景のもと、PoliPoliとLCNEMは、業務提携を行うことにより、PoliPoliのもつマーケティングリソースや「ポリポリ」プロダクトをもとに、LCNEMの事業基盤を活用した、ブロックチェーン関連技術や両事業のマーケティングの取り組みを共同で推進いたします。

■ 業務提携の内容
PoliPoliとLCNEMの事業資源を相互に活用することで、より強力なマーケティングやプロダクトの開発や堅牢なセキュリティなど、両社事業の発展をめざしてまいります。具体的には以下のとおりです。
1)「ポリポリ」が使用するトークンの引き出しに、LCNEMが開発している「LCNEM Wallet」と連携します。PolinトークンのPoliPoli外での使いやすさを強化します。
2)PoliPoliのブロックチェーン技術顧問に、LCNEMの代表取締役兼CTOでありNEMブロックチェーンを用いた開発の第一人者である木村氏( https://twitter.com/YuKimura45z)が就任いたします。

これにより、「ポリポリ」の技術力強化、両事業のブランドイメージ向上を目指します。
上記以外にも、本提携を通じて、様々なで領域で両社のさらなる事業拡大をめざしてまいります。

■なぜ『NEM』を使うのか
ポリポリは、『NEM』ブロックチェーンを使います。

実装においてのセキュリティの高さが理由です。
NEMはプログラムを修正不可能なブロックチェーンに載せるのではなく、トークンの機能がネイティブで提供され、REST APIを使う既存のプログラミングの方法でそのトークンを動かします。

トークン機能がネイティブで提供されていることによりトークン自体にバグが生まれることはなく、またプログラムをブロックチェーン外においていることから、修正が可能です。
またNEMでは、マルチシグがネイティブでサポートされています。簡単にセキュリティを向上させることができます。
これらなどを考慮した結果、NEMのブロックチェーンを使うという判断に至りました。

■PoliPoliについて
PoliPoliはテクノロジーで国家システムを再構築して行くことを目指したPolitech(Politics × tech)スタートアップ企業です。

トークンエコノミーを用いて経済圏を作り出すことで、政治家を有権者双方のニーズを満たすために立ち上がったプラットフォームプロジェクトである『ポリポリ』を中心にサービス開発をしています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/32735/4/resize/d32735-4-500178-4.jpg ]


会社ホームページはこちら→ https://www.polipoli.work/company

『ポリポリ』について→ https://drive.google.com/file/d/1mNp5fryEAe3iZlgZ5kItYtRzO35IAKjC/view

■LCNEMについて
LCNEMは、NEMブロックチェーン技術を使ったサービスを展開していくスタートアップ企業です。
以下展開サービス説明です。

1. LCNEM Wallet
秘密鍵管理をなくし、googleアカウントでログインできる決済特化のNEMウォレットです。

2. LCNEM Stable Coin
NEM上に法定通貨ペッグのトークンを流通させるプロジェクトです。

3. Super Sonic
NEMブロックチェーン上のイベントをリアルタイムで検知して実行するスマートコントラクトを、プログラミングなしでデプロイできるサービスです。

4. Lab Ozone
主にNEMブロックチェーンをつかったアプリの開発を、全く未経験からでも習得するコミュニティーを作っています。

5. NEMを使った事業へのコンサルティングや技術力提供

会社ホームページ→ https://lcnem.cc/ja

■本リリースに関する問い合わせ
【PoliPoli 会社概要】
所在地 : 神奈川県相模原市
代表者名 : 伊藤 和真
設立年月日: 2018年2月27日
事業内容 : ソフトウェア開発
お問い合わせ :
info.polipoli@gmail.com
【LCNEM 会社概要】
所在地 : 京都府京都市
代表者名 : 木村 優
営業開始年月日: 2018年3月6日
事業内容 : ソフトウェア開発

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング