日本酒のプロフェッショナル達が選ぶ「おつまみグランプリ」を初開催

PR TIMES / 2019年5月17日 11時40分

日本酒のプロフェッショナル90名が、ベストなおつまみを選ぶ!

「SAKE COMPETITION(サケ コンペティション)」 実行委員会は、世界最多出品酒数を誇り世界一美味しい市販日本酒を決める品評会「SAKE COMPETITION 2019」の新たな取り組みとして、日本酒のプロフェッショナル達が選ぶ「おつまみグランプリ」を、5月15日(水)に東京都立産業貿易センター 台東館にて初めて開催しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/34865/4/resize/d34865-4-537490-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/34865/4/resize/d34865-4-666660-1.jpg ]

初開催となる「おつまみグランプリ」では、缶詰やチーズ、乾物、菓子類などの多種多様なおつまみ84品が、全国各地から出品されました。日本酒のプロフェッショナルである日本酒の蔵元90名が、実食形式で審査を実施。

「おつまみグランプリ」の発案者である中田英寿は、「国内外で、日本酒に対して関心を持つ方が多くなっている中で、プライベートでも色々な方から日本酒との食べ合わせを聞かれることが多くなってきた。携わっているSAKE COMPETITIONが、世界に誇れるような日本酒品評会として定着している中で、ただ日本酒の良し悪しを発信するだけでなく、新たな取り組みを行い、情報発信したいと考えていた。導入は、おつまみがきっかけでも、最終的に日本酒に関心を持つ人が増えるよう色々と試していきたい。」と取り組みの意図を話しました。

審査員として参加した蔵元からは、「出品されている様々なジャンルのおつまみを食べてみて、固定観念で合わないと思っていたものも意外と合いそうだと気づきました。」、「自分の酒蔵で作っている日本酒をイメージして審査している中で、とてもマッチするおつまみが見つかったので、うちのお酒を楽しんでいる方々にもお勧めしてみようと思います。」といったコメントを寄せました。

「おつまみグランプリ」の審査結果は、本年6月10日(月)にザ・ペニンシュラ東京にて開催する表彰式で発表を行います。また、表彰式後には、授賞パーティを開催。このパーティでは一般の皆様も参加でき、ザ・ペニンシュラ東京の一流シェフが腕をふるうスペシャルディナーと受賞酒を始めとする最高峰の日本酒とのペアリングをお楽しみいただけます。
(チケット購入先: https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01qtx9106wt58.html

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング