マテリアルグループとFIREBUGが企業とメディアを1to1でつなぐ新会社「P-NEWS」を始動

PR TIMES / 2020年3月1日 12時55分

~PR領域のノウハウを活かしたサービス展開に向けて~

マテリアルグループ株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:青崎曹 以下「マテリアルグループ」)傘下である株式会社Social Video News(本社:東京都港区 代表取締役社長:青崎曹 以下「SVN」)は、株式会社FIREBUG(本社:東京都渋谷区 代表取締役 CEO:宮崎聡 代表取締役 プロデューサー:佐藤詳悟 以下「FIREBUG」)から、メディアと企業を1to1でつなぐプラットフォームサービス『P-NEWS』事業を、3月1日より譲り受け、株式会社P-NEWS(読み:ピーニュース 以下「P-NEWS」)へ社名を変更いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/37052/4/resize/d37052-4-292198-0.png ]


マテリアルグループは、総合PR事業の株式会社マテリアル(本社:東京都港区 代表取締役社長:青崎曹 以下「マテリアル」)と、『P-NEWS』事業を協業することにより、あらゆる企業と、テレビ/新聞/WEBニュースなどのメディアを、1to1でつなぐ次世代プラットフォームにより、事業拡大を図ります。

■『P-NEWS』のサービス
『P-NEWS』は、メディアと企業の広報・PR担当者を1to1でつなぐ、次世代のプラットフォームです。『P-NEWS』サービスは、ブラウザ版のみならず、アプリケーション版の展開により、柔軟な利用が可能です。企業の広報・PR担当者は、届けたい情報(PRコンテンツ)をメディア担当者個人に直接送ることはもちろん、メディア担当者が募集している情報(企画ネタ)に対して、自社の情報を直接提案することができます。さらに、メディア担当者は、ほしい情報(ネタ)を企業PR担当者に向けて広く募集し、企業の広報・PR担当者から直接情報を受け取ることが可能です。

■『P-NEWS』サービスの特徴
1.メディアが欲しいネタと企業の広報・PR担当がもつ情報をマッチングさせる
2.それぞれの担当者同士がお互いのニーズで直接つながることで、リレーション構築に貢献している3.相互が発信したい“情報そのもの”に注力できることで、新たなオリジナルコンテンツを生み、話題化を促進


[画像2: https://prtimes.jp/i/37052/4/resize/d37052-4-615405-3.png ]

■新会社「P-NEWS」始動の背景
『P-NEWS』サービスは、FIREBUGのミッションである「テクノロジーを活用した新しいコンテンツフォーマットの創造」を、広報・PR領域においても実現することを目的として、2019年5月にリリースされました。これにより、世の中に埋没してしまう企業ニュースや有益な情報を、メディアを通して生活者に届けることが可能となりました。
マテリアルグループは、企業の広報業務やコミュニケーションプラン設計を支援するマテリアルを通じて、PRノウハウを蓄積しています。マテリアルグループは、「広報・PR担当者」の抱える悩みや現状の課題について、情報氾濫時代において価値ある情報を模索する「メディア」の特性と要望、本質的な情報を必要とする「生活者」の声をより深く分析しています。
このようなPR領域における強みを掛け合わせることで、よりマッチングに特化した『P-NEWS』の開発・展開を推進するため、株式会社P-NEWSにおいて『P-NEWS』事業の運営を開始する運びとなりました。なお、これまでSVNが行っていた動画ニュース配信メディア事業は、今後マテリアルが運営してまいります。

■今後の展開
現在、『P-NEWS』が持つリレーションメディアは、TVキー局/準キー局のみならず、主要都市圏をカバーする地方局、新聞については全国紙やブロック紙をはじめ、主有な雑誌メディアまでカバーしています。また、WEBメディアにおいても、エンタメやトレンドを紹介するライフスタイル系をはじめ、ビジネス・経済系メディアなどを幅広くカバーし、日々リレーションメディアを拡大しております。
今後は、リレーションメディアと利用企業を増やし、システム開発にも注力することで、より良いサービスを提供してまいります。PRノウハウとテクノロジーの相乗効果をもった今後の『P-NEWS』に是非ご期待ください。

■弊社代表のコメント
<マテリアルグループ・代表取締役社長 青崎曹>
情報氾濫時代となっている昨今、広告・マーケティング市場は大きな変革の時代であると感じています。そのような時代において、多様化した消費者の価値観への訴求に求められるものが、企業と社会を結びつけるPRであると信じています。企業とメディアを1to1で繋ぎ、ニュース価値のある情報を生み出す『P-NEWS』を通じて、それぞれに商品・サービスが個々にもつ想いや開発秘話、ブランドのストーリーの思念を発信し、質と価値にこだわったサービスを提供していくと同時に、「MAKE NEW PR」のビジョンの実現を加速していきます。

■会社概要
<株式会社P-NEWS>
会社名  株式会社P-NEWS
所在地  東京都港区赤坂1-12-32アーク森ビル35階
代表者  代表取締役社長 青崎曹
設立日  2017年2月10日
資本金  91,000,000円(資本準備金を含む)※2020年3月1日現在
事業内容 PRプラットフォーム「P-NEWS」の運営・広報業務支援事業
備考   株式会社Social Video Newsより社名変更(2020年3月1日付)

<株式会社FIREBUG>
会社名  株式会社FIREBUG
所在地  東京都渋谷区代々木1-32-11 Kビル3F
代表者  代表取締役 CEO:宮崎聡
代表取締役 プロデューサー:佐藤詳悟
設立日  2016年2月24日
資本金  743,837,500円(資本準備金を含む)※2019年5月30日現在
事業内容 メディアコンテンツ事業
     スタートアッププロデュース事業
     アーティストプロデュース事業

<マテリアルグループ株式会社>
会社名  マテリアルグループ株式会社
所在地  東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル35階
代表者  代表取締役社長 青崎曹
設立日  2014年8月18日
資本金  95,016,949円 ※2014年8月18日現在
事業内容 グループ経営戦略策定・管理及びそれらに付帯する業務

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング