トラムシステム、アバイア社提供クラウド型ビデオ会議サービス「Avaya Equinox(TM) Meetings Online」を日本国内で販売開始

PR TIMES / 2019年2月27日 21時40分



トラムシステム株式会社(本社:名古屋市名東区、代表取締役社長:梶田 幸宏、以下:トラムシステム)は、日本アバイア社が提供開始しましたクラウド型のビデオ会議サービス「Avaya Equinox™ Meetings Online」を、国内で販売開始することを発表しました。Avaya Equinox Meetings Online(以下、本サービス)は、ビデオ会議、音声通話、データおよびコンテンツの共有を行うウェブコラボレーション、ストリーミング視聴などを単一のアプリケーションで対応し、簡単でシームレスなビデオ会議を実現します。
アバイアのインフラストラクチャを導入していなくても、ユーザーはあらゆるシステムやデバイスからビデオ会議に参加することができます。

本サービスは下記特徴を有しております。

webRTC技術を使用しており、顧客は、新たなインフラストラクチャへの投資やアプリをダウンロードすることなく、ブラウザベースのビデオ会議を利用できます。
会議参加者はWindows、Mac、AndroidおよびiOS、電話機などのあらゆるデバイスで、どこからでも参加可能です。
Avaya Scopiaをはじめ、Cisco、Polycom、Lifesizeなどの他のベンダーのビデオ会議システムと連携することができます。
電子メールまたはカレンダーへの招待リンクを添付することで、クラウド型ビデオ会議にアクセスができ、セッションは暗号化され安全です。
既存のオンプレミス型のビデオ会議サービスと同等の機能を提供し、顧客の利用状況により、それらを組み合わせて経済的に利用することができます。
最大で100名が完全対話型で参加可能、且つ500名のストリーミング視聴もサポートしています。
会議に参加できなかった場合や遅れて参加した場合には、既に開始されている会議コンテンツを確認できる「スライダー」機能や録音録画機能も搭載していることです。
インタラクティブホワイトボードとアプリケーションを共有することで、会議室全体でテキストチャットを受信する機能や、コンテンツ共有機能等のウェブコラボレーションを強化しています。
アバイアのチームエンゲージメントテクノロジーを基盤としたAvaya Equinox Meetings Onlineは、クリアなワイドバンド音声と最大1080p HDの帯域幅効率が高く、インターネット接続に最適化されたビデオ品質を提供します。


トラムシステムはAvaya Equinox Meetings Online 150会議室の販売を見込んでおります。
また、ユーザー向けの30日間の無償トライアルサービスも実施しています。
Avaya Equinox Meetings Onlineに関する詳細は、こちら(英語)「 https://goo.gl/CVfowf」をご覧ください。
※AvayaおよびアバイアのロゴはAvaya Inc.の登録商標です。
その他すべての商標は個々の商標権者に帰属します。

<<会社概要>>
[画像: https://prtimes.jp/i/41023/4/resize/d41023-4-396449-0.jpg ]

トラムシステム株式会社
https://www.tramsystem.co.jp/ 
代表取締役の梶田幸宏が2008年に設立。
クラウドPBXなどの企業の通信基盤を構築。顧客として、東海テレビ放送株式会社、コメダ珈琲店を展開する株式会社コメダ、高級ホテル・旅館予約サイトを運営する株式会社一休など。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング