創エネ・省エネ・蓄エネ、すべてを一つで「太陽光発電一体型制御システム『SAVE-1(セーブワン)』」発売開始

PR TIMES / 2019年9月25日 12時40分

高効率化・ローコスト化・コンパクト化を実現

この度、株式会社エクソル(代表取締役社長:鈴木 伸一、本社:京都市中京区、東京都港区、以下:エクソル)は、太陽光発電システム、蓄電池システム、デマンド制御システムが一つになった「太陽光発電一体型制御システムSAVE-1(セーブワン)」の発売を開始します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/43644/4/resize/d43644-4-740023-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/43644/4/resize/d43644-4-978785-4.jpg ]


◆開発の経緯
固定価格買取制度が始まって以来、太陽光発電システムが加速的に普及し、併せて太陽光発電の発電コストも低下しました。一方で、電力購入単価は上昇傾向にあり、電気は買うより、つくって使う方が経済合理性が高い時代へと変わっています。また、RE100やSDGsなどに取り組む企業が増える中で、取組み主体となる企業様だけでなくそのサプライチェーンに含まれる企業様にも、再生可能エネルギーの導入や省エネの徹底などによる環境負荷低減への取り組みが求められています。

しかしながら、再生可能エネルギーの導入や省エネ施策をそれぞれ検討して導入することは、多くの時間と費用が掛かる上に、導入後もそれぞれのデータ管理を行わなければならないなど手間が掛かることから、二の足を踏む事業主様も少なくありません。

この度、発売を開始いたします「SAVE-1」は、太陽光発電システム、蓄電池システム、デマンド制御システムが一つになった一体型システムです。「SAVE-1」さえあれば、創エネ・省エネ・蓄エネのすべてに一括して取り組むことができ、導入が簡単、データ管理が簡単、コストが低価格と、手軽に電力・エネルギー対策および環境負荷低減に取り組みたい事業主様に最適なシステムです。

◆「SAVE-1」の主な特長
■ エクソル独自のコンパクト高効率充放電回路を採用、ローコスト化と高効率化を両立 <特許出願中>
エクソル独自の充放電制御回路を採用<特許出願中>。これにより、従来必要とされていたDC/DCコンバータが不要となり、コンパクト化を実現するとともに、DC/DCコンバータが原因となって生じていた電力ロスをゼロ化。コンパクト化、高効率化、ローコスト化を実現いたしました。
[画像3: https://prtimes.jp/i/43644/4/resize/d43644-4-217410-5.jpg ]

■ 発電、蓄電、電力消費の状況が一目でわかるシンプルなモニター表示
複数の制御機能、状況を一つの画面で確認することができます。さらに、設定した基本料金の削減目標に対する進捗レベルを確認することができ、結果に対するアラート機能も装備。また、複数の拠点、システムを一元管理することも可能です。
[画像4: https://prtimes.jp/i/43644/4/resize/d43644-4-635821-6.jpg ]


■ システム価格を現行同等品比約30%ダウン※
独自回路による機器点数の削減に加えて、創・省・蓄のパッケージングにより各システムごとに工事を行う必要が無いため工期短縮につながり、低価格を実現します。
※当社試算であり、設置条件により異なります。


[画像5: https://prtimes.jp/i/43644/4/resize/d43644-4-813082-8.jpg ]



[画像6: https://prtimes.jp/i/43644/4/resize/d43644-4-983433-7.jpg ]


XSOL(エクソル)について
当社は「太陽光発電の総合企業」として、再生可能エネルギーの普及促進によるエネルギー自給率の拡大や、地球環境保全を使命と考えています。そのためには、コスト低減と共に安心・安全をお届けすることが最重要と考え、機器だけでなく施工をはじめとするすべての品質・クオリティにこだわり、設計・調達・建設・メンテナンスまで含めたワンストップソリューションに取り組んでいます。
社名:株式会社 エクソル/ XSOL CO., LTD.
設立:2001年1月24日
代表者:代表取締役社長 鈴木 伸一(すずき しんいち)
本社所在地:〒604-8152 京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町659 烏丸中央ビル
URL: https://www.xsol.co.jp




企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング