長崎県公式観光サイト「ながさき旅ネット」を全面リニューアルしました

PR TIMES / 2020年10月5日 14時45分

長崎県観光の総合ポータルサイトとして、多様化する旅の目的にあわせて情報を提供

(一社)長崎県観光連盟では、現在運営している観光ポータルサイト「ながさき旅ネット」を10年ぶりに全面リニューアルいたしました。閲覧者の7割近くを占めるスマートフォンユーザーをはじめ、様々な端末に対応する表示手法(レスポンシブデザイン)の採用、過去10年間のログデータや季節毎の人気コンテンツ、コロナ禍の観光動向を多角的に分析し、観光客が「旅マエ」に検討したい需要喚起コンテンツ、「旅ナカ」で便利な現在地からの距離や個店情報を豊富にデータベース化し、多様化する旅の目的にあわせて情報を提供できるよう、長崎県観光の総合ポータルサイトとして、情報発信の強化に取り組んでいきます。



[画像1: https://prtimes.jp/i/44026/4/resize/d44026-4-341218-0.jpg ]

1.サイト名
 長崎観光/旅行ポータルサイト ながさき旅ネット
https://www.nagasaki-tabinet.com/
※URLは変更ありません。

2.リニューアル実施日時
 2020年9月29日(火)

3.リニューアルのポイント
(1)長崎県内市町サイトとのデータ連携・九州旅ネットとも自動更新を実現
「長崎市」「佐世保市」「壱岐市」「新上五島町」「五島市」とデータ連携を行い、5市町の観光ホームページが更新されると「ながさき旅ネット」の情報もリアルタイムに更新されます。また「ながさき旅ネット」の情報は九州全体の観光ホームページ 九州旅ネットとも自動連携し、データのワンソースマルチユース化を実現しました。県内主要観光地サイト及び広域DMOを同時にデータ連携している事例では国内最大級の仕組みとなっています。

※5市町とのデータ連携は「観光スポット」「イベント」、九州旅ネットとは「新着ニュース」を加えたカテゴリが対象です。

(2)モバイルファーストのサイト設計(レスポンシブウェブデザイン方式)
 閲覧者の7割近くを占めるスマートフォンユーザーの利用を第一に考え、スマートフォンで「見やすい」「使いやすい」デザインに。 もちろんタブレットやPC利用者にもサイズに応じた適正なデザインをお届けします。

(3)長崎の魅力を直観で感じられるよう、写真をダイナミックに配置。
 スポットやイベントページでは、最大10枚の画像を一堂に配列し、四季による違いや様々なシーンをご覧いただけるようなデザインに。すべてがメイン画像となり、スライドショー機能も装備しました。また、トピックス機能を設け、メイン画像だけではなく、詳細画像を配列し、多くの情報を1ページでご覧いただけるように工夫しました。

(4)アクセスページの整備
 県外から長崎県内主要スポットへ、そして長崎県内間の移動に関し、交通手段と目安時間を簡単に検索できるよう整備いたしました。また、観光客が目的地で便利な情報として、レンタサイクル等の旅に便利な交通手段も掲載しました。

(5)検索エンジン対策
 自動SEO機能を搭載。検索エンジンへ毎日更新情報を通知し、上位表示対策を行います。

(6)ブログコーナーをパワーアップ
 「わたしのえらぶ長崎のお気に入り(ブログ)」のコーナーを新設し、別サイトで展開していた観光ブログ「GO!GO!ともっち」を格納。将来的に、複数のトラベルライターによる主観的で新しい視点での長崎の魅力を伝えていくこととしています。

(7)法人、教育旅行、写真ダウンロード、フィルムコミッション、クルーズ情報も全面リニューアル

4.今後の予定
 今回はリニューアルの第一弾で、10月末にバリアフリー情報ページの公開、11月末には多言語サイト(4言語)のリニューアルも予定しております。

5.参考(トップページデザイン)


[画像2: https://prtimes.jp/i/44026/4/resize/d44026-4-333486-1.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング