不動産テックのリーウェイズ、市場分析ツール「Gate.マーケットサーベイ」に「建築未来図」を追加

PR TIMES / 2019年11月28日 13時35分

 不動産のAI査定システム「Gate.」を開発・運営するリーウェイズ株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:巻口成憲、以下「当社」)は、2019年11月より、市場分析ツール「Gate. Market Survey(マーケットサーベイ)」に新たな機能を搭載しましたのでご案内申し上げます。



【新機能】
未来の施設情報がわかる「建築未来図」機能を搭載
「建築未来図」は「MapFan」ブランドで地図事業を行うインクリメントP株式会社(所在地:東京都文京区、代表取締役:相木孝仁)からAPI提供を受け、3年先(2022年)までの施設の新設・建替え、閉鎖等の情報をウェブ上に表示するものです。

[画像1: https://prtimes.jp/i/46242/4/resize/d46242-4-881080-1.png ]



街の発展を分かりやすくお客様に示したいという不動産会社のニーズに応えるサービスとなっております。


[画像2: https://prtimes.jp/i/46242/4/resize/d46242-4-743942-2.png ]


商業施設、交通機関、公共施設等、100 種以上の施設情報を掲載しています。


[画像3: https://prtimes.jp/i/46242/4/resize/d46242-4-734430-4.png ]


Gate.マーケットサーベイの統計機能と組み合わせて使うことで、現在から未来に向けて地域の発展を分かりやすく示せます。


■リーウェイズ株式会社
2014年創業。「不動産投資×テクノロジー」のリーディングカンパニーとして、これまでに蓄積した1億件超の不動産データとデータサイエンスの知見を活かして「Gate.」を開発・運営。金融機関や不動産事業者向けに賃料や入居率、不動産評価などの客観的で定量的な査定・分析を提供しています。
所在地: 東京都渋谷区渋谷2-6-12 ベルデ青山5階
代表者: 代表取締役 巻口 成憲
URL : https://leeways.co.jp/
サービスページ: https://www.ai.gate.estate/

■インクリメントP株式会社
1994年の創業以来、インクリメントPは「デジタルメディアとしての地図」にフォーカスし、ソフトウェア技術とハイクオリティなデジタル地図制作テクノロジーをコア技術に様々なジャンルで独創的な製品・サービスの開発やソリューションの提供を行っています。空間情報をベースに、多次元かつ多面的な情報をダイナミックに処理し提供することで、インクリメントPは地図そして位置情報の利用価値を革新し続けて参ります。
所在地:東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコートセンターオフィス
代表者:代表取締役 相木 孝仁
URL : https://www.incrementp.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング