【悩める事業者を救う】新型コロナウイルスで3割以上が客足の減少を実感…通販やテイクアウトをスムーズに開始するための賢い打開策!

PR TIMES / 2020年7月21日 13時40分

通販やテイクアウトへの切り替えについての懸念点とは…?

ダンボール通販サイトお客様満足度3冠(※ゼネラルリサーチ調べ)を獲得した株式会社アースダンボール(本社:埼玉県北足立郡、代表:奥田 敏光)は店舗型の小売り事業者を対象に、「新型コロナウイルスの影響と通販」に関する調査を実施しました。



新型コロナウイルスの影響により営業に支障がでた店舗は多いのではないでしょうか。

全国で緊急事態宣言は解除されましたが、時短営業や座席の間隔をあけるなど、様々な対策を講じて営業を続けている店舗も見られます。
また、新たな販売形態として通販やテイクアウトを始める店舗も増えていますよね。

急な状況の変化に対応し、「一刻も早く新たな販売方法を確立したい!」と考えている方もいるのでは…?しかし、通販やテイクアウトへ切り替える準備やその方法について分からないという方もいるのではないでしょうか?

そこで今回株式会社アースダンボール( https://www.bestcarton.com/)は、店舗型の小売り事業者を対象に「新型コロナウイルスの影響と通販」に関する調査を実施しました。


新型コロナウイルスによる店舗営業への影響第1位は『来店客の減少』!その対策とは…?


[画像1: https://prtimes.jp/i/47392/4/resize/d47392-4-682883-0.png ]


始めに、未だ終息の兆しが見えない新型コロナウイルスにより、店舗が受けた影響を伺っていきたいと思います。

「新型コロナウイルスで店舗の営業にどのような影響が出ていますか?」と質問をしたところ、『来客数の減少(34.9%)』と回答した方が最も多く、次いで『時短営業(30.4%)』『納品されない(13.6%)』『営業停止(10.3%)』と続きました。

緊急事態宣言が発令され、外出自粛ムードが長引いた影響は店舗にさまざまな影響を及ぼしたようです。
刻々と変わる状況に応じた対応が迫られた事業者たちは、どのような変化に混乱したのでしょうか。

■こんな変化に困りました...
・「毎日店舗全体消毒で仕事が増えた」(20代/女性/神奈川県)
・「問屋が急にしまったらどうしようと思った。多めに仕入れた方がいいが賞味期限もあるし」(40代/女性/北海道)
・「取引先の休業による営業時間変更等」(40代/女性/大阪府)
・「兎に角ゼロの日が何日もあり、変革しようにも何をして良いかアイデアが浮かばない」(50代/男性/東京都)

今までの通常営業では起こりえなかったトラブルに直面したという意見が集まりました。


既に2割以上が通販を開始して、2割以上が検討している!?

ここまでの調査で、新型コロナウイルスによりの影響を受けた店舗が多いことがわかりました。
では、既に取り組んだ対策と、今後取り組もうとしている対策について伺っていきたいと思います。

「店舗運営への影響に対して、既にどのような対策を実施していますか?(複数回答可)」という質問をしたところ、『助成金・給付金待ち(22.9%)』と回答した方が最も多く、次いで『通販の開始または強化(20.8%)』『販売価格の値引き(18.2%)』と続きました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/47392/4/resize/d47392-4-565586-1.png ]


また、「店舗運営への影響に対して、今後どのような対策を検討していますか?(複数回答可)」という質問をしたところ、『通販の開始または強化(22.7%)』と回答した方が最も多く、次いで『助成金・給付金待ち(20.2%)』『販売価格の値引き(17.8%)』と続きました。

最初は助成金や給付金を待つしかなかったという店舗も、withコロナという新しい生活様式の中でもできることを見つけ、営業を継続することができるように試行錯誤しているようです。


通販やテイクアウトを開始するまでにどのくらいの準備期間がかかった?

ここまでの調査で、店舗はそれぞれ工夫し、新型コロナウイルスに向き合っていることが判明しました。
では、新たな取り組みとして通販やテイクアウトを採用する場合には、どのような苦労があるのでしょうか。

[画像3: https://prtimes.jp/i/47392/4/resize/d47392-4-136468-2.png ]


そこで、「通販やテイクアウトを開始するまでにどのくらいの準備期間がかかりましたか?または予想していますか?」という質問をしたところ、『通販・テイクアウトは実施・検討していない(60.8%)』という回答が最も多く、『1週間未満(10.7%)』『1週間以上~2週間未満(8.3%)』と『2週間以上~3週間未満(8.0%)』と続きました。

『通販・テイクアウトは実施・検討していない』という方が多いのも、準備期間などを踏まえると難しいという側面があるのかもしれません。


通販の実施・検討は『自社HP』が人気!?


[画像4: https://prtimes.jp/i/47392/4/resize/d47392-4-799931-3.png ]


通販を始める場合、IT化が進む現代ではさまざまなツールがありますが、事業者たちはどのような方法で通販を始めることを検討しているのでしょうか。

そこで、「通販を実施・検討する場合、どのような方法を考えていますか?」という質問をしたところ、『自社HP(27.8%)』と回答した方が最も多く、次いで『自社ECサイト(15.6%)』『楽天・amazonなどのショッピングサイト(15.6%)』『ふるさと納税(5.7%)』と続きました。

管理がしやすい自社サイトを活用した取り組みや、ユーザー数が多いショッピングサイトの活用を検討している事業者が多いようです。


3割近くが通販やテイクアウトへの切り替えについて『そもそも売れるか』を懸念すると回答


[画像5: https://prtimes.jp/i/47392/4/resize/d47392-4-233992-4.png ]


自社HPなどを上手に活用して通販を始めることを検討している店舗が多いことが分かりましたが、新たな取り組みを始めるにあたって不安な点は無いのでしょうか。

そこで、「通販やテイクアウトへの切り替えについて、どのようなことを懸念していますか?(複数回答可)」という質問をしたところ、『そもそも売れるか心配(27.3%)』と回答した方が最も多く、次いで『発送コスト(27.2%)』『梱包・発送箱の準備(17.3%)』『通販サイトの運営(14.6%)』『システムの準備(14.6%)』と続きました。

やはり、新しい取り組みには不安や懸念がつきもののようです。
開始してみて初めて分かることもありますが、大きな失敗を防ぐためにも、事業者たちはリスクを排除できる最善の方法を慎重に模索しているのかもしれません。


サポートが手厚い業者選びをしよう

新型コロナウイルスによる急な状況の変化で、店舗の営業に関する不安を抱いている方は多いでしょう。

店舗の営業が厳しく打開策必要な場合、一刻も早く通販やテイクアウトを始めたいところですが、通販やテイクアウトを実施する場合、その準備に数週間かかることもあるようです。

売れるかどうか心配なのは誰でも当たり前ですよね。でもこんな時期だからこそ、他社とスピードや細かい気遣いなどの面で差別化を図り、事業とマッチする最適な業者選びをすることが大切です。


コロナ禍での不安な通販やテイクアウトの開始は『ミラプリ』にお任せ!


[画像6: https://prtimes.jp/i/47392/4/resize/d47392-4-836218-5.png ]


新型コロナウイルスの影響で通販やテイクアウトへの切り替えを検討している店舗事業者様におすすめなのが、株式会社アースダンボール( https://www.bestcarton.com/)の超高速インクジェット印刷「ミラプリ」( https://www.bestcarton.com/beginner/mirapuri.html)です。

ダンボールへ印刷する場合、一般的には版(ハンコのような役割)が必要になります。
しかし、ミラプリは版の要らない印刷方法なので、どんなデザインも印刷可能!

いつもの箱にロゴやパターン柄をプラスして、多店舗との差別化を図ることができます。
また、版で印刷する場合デザインによっては版代だけで数万円~数十万円かかることもありますが、 ミラプリは版代0円で作成することができ、費用を抑えられます。
さらに、今まで使用していたインクジェット印刷機と比べて生産スピードが300倍に!

版の製作にかかっていた時間と、印刷にかかっていた時間が一気に削減されるため、超高速でのお届けが可能となりました。離島への配送も対応しており、全国で安心してご利用いただけます。

通販、テイクアウトで他の店舗と差別化を図りたい方は、ぜひ超高速インクジェット印刷「ミラプリ」( https://www.bestcarton.com/beginner/mirapuri.html)を利用してみてはいかがでしょうか。

■株式会社アースダンボール: https://www.bestcarton.com/
■超高速インクジェット印刷「ミラプリ」: https://www.bestcarton.com/beginner/mirapuri.html
■お問い合わせ:048-728-9202

調査概要:「新型コロナウイルスの影響と通販」に関する調査
【調査期間】2020年6月24日(水)~2020年6月26日(金)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,036人
【調査対象】店舗型の小売り事業者
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング