ボイジャーの電子書籍リーダー「BinB」を弁護士ドットコムが採用、3月17日「BUSINESS LAWYERS LIBRARY」をオープン!法律書籍400冊以上をサブスクリプションで提供開始

PR TIMES / 2020年3月24日 12時35分

株式会社ボイジャー(東京都渋谷区、代表取締役社長:鎌田 純子、以下ボイジャー)は、弁護士ドットコム株式会社(東京都港区、代表取締役社長:内田 陽介)の新サービス「BUSINESS LAWYERS LIBRARY」へ、ブラウザで動作する電子書籍リーダー「BinB(ビーインビー)」を提供しました。



[画像: https://prtimes.jp/i/49823/4/resize/d49823-4-180801-0.jpg ]


 弁護士ドットコム株式会社が開発した「BUSINESS LAWYERS LIBRARY」は、2020年3月17日に開始した法律書籍・雑誌のサブスクリプションサービスです。
月額6,300円(税別)で法律書籍・雑誌の閲覧ができ、情報の検索も可能です。
主要な法律系出版社12社が参画しており、専門性が高い多くの書籍から、必要な時に必要なだけ情報を閲覧でき、より確かで効率的なリサーチ業務を後押しします。

 幅広い法律業務を担う企業法務の実務では、多くの専門知識が必要となり、リサーチのための時間や書籍代、書籍スペースも増えがちです。
最近では、新型コロナウィルス感染拡大の影響や、五輪開催期間中の対応としてリモートワークを導入する企業は多く、法務のリサーチ業務に必要な書籍の持ち運びは負担となります。

 「BUSINESS LAWYERS LIBRARY」では、法律書籍・雑誌のデジタル書籍配信を「BinB」で行うことで、特定のフォーマットや端末に縛られず、専用のアプリも必要としない読書環境を実現しており、省スペース化と業務効率化を支援しています。
 今後もボイジャーは、デジタル出版の可能性を追求すると共に、各クライアント企業の事業成長に貢献してまいります。

■BinB(ビーインビー)について
「BinB」はマルチデバイスに対応したブラウザベースの電子書籍リーダーです。
EPUB 3、PDF、JPEG等のコンテンツをウェブサイト上で高速・快適に閲覧できます。
独自DRM実装により、コンテンツの無料公開から、有料販売、サブスクリプションサービス、広告収益化等、幅広いビジネスでご利用いただけます。
BookLive!、コミックシーモア等の電子書籍ストアを始め、電子図書館サービスTRC-DL、集英社・講談社サイト等、様々なサイトで月間1500万人以上の方々にご利用いただいています。

■BinB(ビーインビー)製品サイト
http://demo.binb.jp/website/binb/

■株式会社ボイジャーについて
代表取締役:鎌田純子
ホームページ: https://www.voyager.co.jp
1992年創業。米国ボイジャーとの合弁。現在は独立企業。日本で真っ先にデジタル出版に取り組み、今日まで市場開発を続けてきた。エキスパンドブック、T-Time(ティータイム)、dotBook(ドットブック)の開発元。デジタル出版のWeb(ウェブ)への移行の状況を受け止め、2010年からインターネットブラウザをリーダーとしたデジタル出版の活動を強化し、“Books in Browsers(ウェブブラウザーの中の本)”を基準としたRomancer(ロマンサー)、BinB(ビーインビー)の市場導入を行った。同時にWebでの出版に際して、フォーマットの世界標準を重視し、IDPF(International Digital Publishing Forum)やW3C(the World Wide Web Consortium)に参加している。また、EPUB日本語基準研究グループ(EPUBJP)を推進する。出版は「すべての人のメディアである」という考えを堅持し、新時代の技術や方法を多くの人々に寄与する活動を続けている。

■商標について
T-Time、.BOOK/ドットブック、BinB、Romancer、Power Thumbは、株式会社ボイジャーの登録商標です。会社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

■報道関係お問い合わせ先
株式会社ボイジャー BinB事業部 林 純一
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-41-14
電話: 03-5467-7070 / FAX: 03-5467-7080
Email:sales@voyager.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング