1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

SoftwareONEとマイクロソフトが戦略的提携を発表し、アプリケーションサービスおよびSAP on Azureの推進を加速

PR TIMES / 2021年4月7日 9時45分

SoftwareONEとマイクロソフトが戦略的提携

SoftwareONE Holding AG(本社 : スイス、以下「SoftwareONE」)とマイクロソフトコーポレーション (本社:米国:ワシントン州、以下「マイクロソフト」)は、長年の信頼関係を基に、Microsoft Azure上のアプリケーションサービスおよびSAPの成長をグローバルに加速するための戦略的提携に合意したことを発表しました。




SoftwareONEは、マイクロソフトとの事業計画およびその期間に予想される収益成長に合わせ、2023年末までに最大5,000人のスペシャリストを追加で雇用・トレーニングすることにより、アプリケーションサービスおよびSAP on Azureの組織的能力を拡張します。
マイクロソフトはSoftwareONEに実践的な開発のための投資・トレーニング・認定・およびエンジニアリング エンゲージメントを提供します。

SoftwareONE CEO Dieter Schlosserは、次のように述べています。
「マイクロソフトとの合意は、過去30年にわたって築いてきた長年の良好な関係を証明するものであり、アプリケーションサービスとSAPクラウドという当社の注力分野でSoftwareONEの成長目標達成に貢献します。これにより、当社のお客様がデジタルトランスフォーメーションを推進するために今後数年間に必要とされる主要なニーズに確実に対応することができます。」

マイクロソフト コーポレーション One Commercial Partner コーポレートバイスプレジデント Gavriella Schuster氏は、次のように述べています。
「当社のお客様は、レガシーアプリケーションとSAPインフラのモダナイゼーションの支援を求めています。当社のクラウドサービスは、お客様の変革を支援する素晴らしい資産です。当社のAzureエキスパート マネージドサービス プロバイダー(MSP)の1社であるSoftwareONEも絶好の機会と捉えており、共通のお客様の利益のために両社の目的を一致させるのは自然な選択でした。今回の契約により、今後3年間で世界中の3,000社以上のお客様に変革をもたらすことができると期待しています。」

◆アプリケーション モダナイゼーションサービスの強化
アプリケーションは、組織とそのプロセスを支える重要なものです。しかし、これらのアプリケーションの多くは陳腐化しており、顧客が必要とするダイナミクスに対応できなくなっていたり、管理・保守コストが高くなっていたり、ビジネスの革新プロセスを遅らせていたりします。アプリケーションをモダナイゼーションすることで、企業は管理やサポートの負担を軽減し、運用コストを削減することができます。リサーチアナリストは、2024年までに新たに開発されるアプリケーションの80%がコンテナ環境上に実装されると予想しており、特定のスキルやプロセスのノウハウを持つ専門家の必要性が高まっています。

SoftwareONEは、マイクロソフトとの関係を深め、「WebアプリケーションのMicrosoft Azureへの最新化」というMicrosoft Advanced Specializationの資格を取得することで、顧客のアプリケーションのモダナイゼーション戦略の構築と実施をサポートしていきます。

SoftwareONEアプリケーションサービス事業グローバルオーナー Joaquin Potelは、次のように述べています。
「SoftwareONEは、マイクロソフトとの協業により、アプリケーション モダナイゼーション アドバイザリおよびマネージドサービス チームを強化し、今後3年間でソフトウェア開発者、アーキテクト、デザイナーのキャパシティを大幅に拡大します。当社は、これらの拡張された能力を世界中の顧客に提供し、古いレガシーアプリケーションをクラウド対応技術に変換することを支援します」

◆SAPのAzureクラウドへの移行を支援
近年、SoftwareONEは、組織的および複数の戦略的買収を通じて、SAPクラウドコンピテンシーを加速させ、市場をリードする技術力を世界中の顧客に提供し、SAPのクラウド化やS/4HANAの導入を支援しています。業界の推計によると、SAPのプラットフォームのアップグレードは、2027年までに約11兆円(1,000億米ドル)の市場機会をもたらすと言われています。

SoftwareONE SAPサービス事業 グローバルオーナー Daniel DaVinci は、次のように述べています。
「今回のマイクロソフトとの契約は、当社のSAP on Azureセンターオブエクセレンス、SAPサービスアクセラレータ、マネージドプラットフォームの提供を世界規模で拡張し、さらに発展させる絶好の機会となります。これにより、お客様が最新のSAPシステムのためのAzureクラウドプラットフォームのメリットを実現するための確実な道筋を提供することができます」

マイクロソフト コーポレーション SAPビジネスユニット担当バイスプレジデント João Couto氏は、次のように述べています。
「当社は、SAPのお客様がクラウドへの変革のジャーニーを加速することをサポートするための、非常に大きな市場機会があると考えています。SoftwareONEは、「Microsoft Azure上でのSAP」のAdvanced Specializationを提供する当社のグローバルパートナーの1社であり、SAPビジネスの強化にスピード感を持って取り組んでいます。当社は、この機会に共に取り組み、共同でお客様を支援できることを嬉しく思います」


SoftwareONE Japan株式会社は、日本マイクロソフト株式会社と共催で、ライブウェビナーとオンデマンド ウェビナーを開催します。
◆Azure領域
【イベント名】今こそクラウド移行!~低リスク・低コストで始めるMicrosoft Azureへの移行から活用まで~
【開催方式】ライブウェビナー(無償)
【日時】 2021年4月16日(金)12:00~13:00
【申し込み方法】以下のリンクよりお申込みください
  https://www.softwareone.com/ja-jp/webinars/2021/03/15/jp_cloud-migration
【アジェンダ】
・パブリッククラウドの利用開始と本格活用の基本的なステップと課題
・Azureのメリットと昨今のトレンド
・コストとリスクを低減させるプログラムのご紹介

◆SAP on Azure領域
【イベント名】Microsoft×SoftwareONE共催 DXの時代:SAP on Azureへの移行コストを削減する方法とは
【開催方式】オンデマンド ウェビナー(無償)
【申し込み方法】以下のリンクよりお申込みください
  https://www.softwareone.com/ja-jp/webinars/2021/02/23/sap-on-azure-reduce-migration-cost
【アジェンダ】
・SAPをクラウドに移行するメリットとは
・SAP移行にAzureを選択する理由
・SAPをAzureに移行する際に利用可能なプログラムのご紹介


SoftwareONEについて
SoftwareONEは、スイスに本社を置き、エンドツーエンドのソフトウェアおよびクラウドテクノロジーソリューションを提供する世界的な大手プロバイダーです。バリューチェーン全体の機能を備え、企業の技術戦略の設計と実装、適切なソフトウェアとクラウドソリューションの適切な価格での購入、ソフトウェア資産の管理と最適化を支援しています。同社の製品は、SoftwareONE独自のデジタルプラットフォームであるPyraCloudによって接続されており、データドリブンの実用的なインテリジェンスを顧客に提供しています。約5,300人の従業員を擁し、90 カ国で販売・サービス提供能力を持つSoftwareONEは、約65,000社の企業顧客に7,500社以上のパブリッシャーのソフトウェアおよびクラウドソリューションを提供しています。SoftwareONEの株式(SWON)は、スイス証券取引所(SIX)に上場しています。詳細については、 https://www.softwareone.com/ja-jp/をご覧ください。

情報に関する注意事項
本メディアリリースには、当社グループの将来の事業、開発、経済的業績に関する一定の将来予測に関する記述が含まれている場合があります。このような記述は、不可抗力、競争上の圧力、法律や規制の動向、世界的、マクロ経済的、政治的動向、収益を上げ、事業を管理するために必要な従業員を惹きつけ、維持する当社グループの能力など、多くのリスク、不確実性、その他の重要な要因の影響を受ける可能性があります。通貨為替レートおよび一般的な財務市況の変動、会計基準または方針の変更、当局からの承認取得の遅延または不能、技術開発、訴訟、または不利な宣伝および報道の変動は、それぞれ、実際の開発および結果を本メディアリリースに記載された記述と大きく異なるものにする可能性があります。SoftwareONEは、新たな情報、将来の出来事、またはその他の結果であるかどうかにかかわらず、将来の見通しに関する記述を更新または変更する義務を負いません。

お問い合わせ先
SoftwareONE Japan 株式会社
https://www.softwareone.com/ja-jp/
TEL:03-5369-0140(代表)
E-mail: marketing.jp@softwareone.com
[画像: https://prtimes.jp/i/63653/4/resize/d63653-4-863048-0.png ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング