実店舗主義のカフェレストランがコロナ禍で挑戦した自社ECサイト開設。新たな市場で全国へ向けて販売スタート。

PR TIMES / 2020年12月30日 11時15分

外食需要の低迷で苦しい状況にある飲食店。支援を待つのではなく非接触型の新規ビジネス立上げを試み、自社ECサイトの公開に漕ぎ着けた福岡のカフェ「HAPPPYHILL」。

福岡市でカフェレストランを営む合同会社HAPPYHILL(代表 山田裕介)は、オンラインショップでの通信販売事業を開始します。新商品『お肉に合う食べるマスタード』や『万能トマトソース』をはじめ、福岡のスペシャルティ専門店ハニー珈琲と共同開発したオリジナルブレンドコーヒー、自家製の菓子類、有田焼の職人が製作するカップなど「自宅でカフェの雰囲気を楽しめる」をコンセプトに様々な商品を販売します。【URL】 https://happyhill-ec.myshopify.com/



福岡市・薬院に構えるCafe&DiningHappyHill(代表・山田裕介/合同会社HAPPYHILL)は、2020年12月30日(土)より通信販売事業を開始します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/65952/4/resize/d65952-4-203717-7.png ]




EC展開を後押ししたクラウドファンディング

飲食店を直撃する新型コロナの影響は既報の通りですが、HAPPYHILLでは最も影響の大きかった2020年3月に予約の全キャンセル(人数にして575人)を受け、急遽資金調達のためのクラウドファンディングを実施。
292名から約240万円の支援を受け、店舗のある福岡県外に、自店の強い支援者が居る事を確認しました。

<クラウドファンディングに寄せられた応援の声>
ー岡山から応援してますよ! いつかお店に食べに行きたいと思っています!
ーコロナ乗り切ったら福岡へ遊びに行きます!そのために頑張って働きます!
ーカフェでゆったりするのが好きです。いつか福岡に出掛けた際に来店したいと思います。
ー東京に嫁ぎ、なかなかお店に行けなくなりましたが、またハッピーヒルに行ける日を楽しみにしています。
ー北海道から食べに行けるその日まで、お店の継続を願って。
▼クラウドファンディングサイトはこちら▼
https://camp-fire.jp/projects/view/243362

オーナーシェフである山田裕介はこのクラウドファンディングをきっかけに、これまで実店舗でのサービス提供に勝るものはないと捉えていた考えを改め「店舗以外でも、お店の味を楽しんでもらう」ことをコンセプトに、EC販売用の商品開発に着手。およそ半年間の準備期間を経て、インターネット販売を開始しました。



開発した商品の特徴は「自宅でお店の味と雰囲気を感じられること」

HAPPYHILLのオンラインショップで取り扱う主要な商品は以下の通り。※全て税込・送料別。
・お肉に合う食べるマスタード(950円)
・万能トマトソース(594円)
・もちもち豆乳ぷりん(3個入り1,000円)
・オリジナルブレンドコーヒー(豆100g1,026円、一杯用コーヒーバッグ1つ220円)
・有田焼オリジナルカフェカップ(2,750円)
・菓子類など
[画像2: https://prtimes.jp/i/65952/4/resize/d65952-4-408836-5.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/65952/4/resize/d65952-4-530543-3.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/65952/4/resize/d65952-4-793497-4.jpg ]



[画像5: https://prtimes.jp/i/65952/4/resize/d65952-4-281559-1.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/65952/4/resize/d65952-4-781241-2.jpg ]


マスタードやトマトソースは実店舗では全て自家製で製作し、根強いファンがいる「お店の味」。
EC販売用に保存や製造許可をクリアし、且つ、こだわりのお店の味を再現できるOEMメーカーと協力して製品化しました。
コーヒーは福岡の老舗スペシャルティ専門店「ハニー珈琲」と共同開発したオリジナルブレンド、
有田焼の職人が製作したカフェカップに自社ロゴを入れたカップなど、
全てお店で提供しているものを販売商品としてラインナップし、自宅でのいつもの食事に+αで追加することでお店の雰囲気を味わえる商品を取り揃えています。



縁とこだわりで探し当てたOEM受託メーカー

自社ECサイト開設において最も苦労したのはマスタードやトマトソースなどの商品開発。
実店舗では建物の構造上、EC販売用商品の製造許可が取れないため、拡充された小規模事業者持続化補助金で予算を確保し、食品製造会社に委託して商品開発にトライしました。
偶然にも同時期にクラウドファンディングを実施していた福岡県朝倉市のドレッシングメーカーや、同じ福岡県内にある食品製造会社を見つけ出し、自店のレシピや素材へのこだわり、調味料の指定などに対応できる2社の協力の元、お店の味を忠実に再現した商品が完成しました。

屋号「HAPPYHILL」に込めた地域と繋がる想い

お店の名前の由来は「HAPPY=福」、「HILL=丘(岡)」から、福岡の地域に根ざし、お客様に愛されるお店に育つよう名づけました。
肥沃な九州は、素晴らしい食材の宝庫です。その九州各地の農業・畜産農家の皆さんたちが文字通り丹精込めて丁寧に作り上げた食材を、福岡に構えるHAPPYHILLが美味しくアレンジし、これからは全国へ向けて発信していきます。
[画像7: https://prtimes.jp/i/65952/4/resize/d65952-4-535373-8.jpg ]


【HAPPYHILLオンラインショップについて】
■URL: https://happyhill-ec.myshopify.com/
■取り扱い商品:調味料、コーヒー、菓子類、陶器製品など

【Cafe&Dining HappyHillについて】
■所在地:福岡県福岡市中央区薬院4-21-1 KKRホテル博多1F
■ご予約用TEL:092-791-3299
■10:00~21:00 
※短縮営業中の可能性がありますので、詳細は店舗へ問合せください。
■食べログURL
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40037054/
■公式HP
https://happyhill.shopinfo.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング