組織・人事コンサルのAACとIIJグループ/ネットケアが業務提携 IT企業に対して新入社員向け教育研修カリキュラムの提供を開始

PR TIMES / 2012年1月6日 12時1分

 この度、組織・人事コンサルティングファームの株式会社アクティブ アンド カンパニー(代表取締役 大野 順也/東京都千代田区[以下、AAC])とIIJグループでネットワークの運用アウトソーシング事業を展開する株式会社ネットケア(代表取締役社長 鈴木 幸一/東京都千代田区[以下、ネットケア])は業務提携を行い、IT企業の新入社員向け教育研修カリキュラムの提供を開始します。

【教育研修カリキュラムの概要】
 本カリキュラムは、ネットケアが提供する新入社員向け研修:『ハングリーシンキング』 (※1)に、AACが提供する『アビリティマネジメントシステム(R)(能力管理システム[以下、AMS])』(※2)を実装し、1つの教育研修カリキュラムとして、IT企業向けにサービスを展開します。
 本カリキュラムは、今後更にIT業界で求められる人間力強化・組織力強化を目的としており、IT業界で求められるスキルを習得する教育研修を実施すると共に、教育研修の成果や結果を蓄積・一元管理し、職場での活用や定着を促進する内容となっています。

【背景】
 近年において、めまぐるしく進展するIT技術の革新の一方で、これらの技術の陳腐化も著しく、常に新しいITスキルや知識を習得し続けなければ、技術者として活躍し続けることが難しい現状があると両社では認識しています。そのような中、IT業界で継続的に活躍していくためには、IT技術に特化した人材だけでなく、コミュニケーション能力やマネジメント能力を備えた人材が、今後更に求められていきます。

 そこで今回、組織人事コンサルのAACとネットケアが業務提携することにより、IT企業向けの新入社員教育研修カリキュラムを展開し、IT業界に特化した教育研修及び人材マネジメントサービスを提供することで、今後のIT業界における人材レベルの底上げを図るとともに、業界の更なる活性化を実現していきます。

※1 『ハングリーシンキング』
 IT業界における新入社員の意欲喚起とハングリーさの形成を目的として、同業界で活躍する上で必須となるスキルを習得する教育研修プログラム。

※2 『アビリティマネジメントシステム(R)(能力管理システム)』
 組織・人事コンサルティングの観点から、人事管理の機能面及び、運用面を考慮し開発されたシステム。これまでの人事管理システムとは異なり、人事に関連する情報を個社のニーズに沿って設定することができる情報一元管理システム(http://www.aand.co.jp/service/ams.html)。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング