【ムラテック・村田機械】位置センサモジュール「BIC0308」発売

PR TIMES / 2013年5月8日 13時57分

射出成形機・ダイカスト成形機・高精度プレス機・精密鍛造機などの金型に簡単に装着できる位置センサモジュール

村田機械株式会社(本社:京都市)制御機器事業部は、耐環境性にすぐれた当社の磁気誘導式センサ「ムラテック・インダクトコーダ」を組み込んだ計測モジュール「BIC0308」を開発、5月13日より販売開始します。



村田機械株式会社(本社:京都市伏見区竹田向代町136 社長:村田大介)制御機器事業部は、射出成形機などの金型に簡単に装着できる、位置センサモジュール「BIC0308」の販売を5月13日より開始します。

位置センサモジュール「BIC0308」は、耐環境性にすぐれた当社の磁気誘導式センサ「ムラテック・インダクトコーダ」を組み込んだ計測モジュールで、射出成形機、ダイカスト成形機、高精度プレス機、精密鍛造機などの金型に簡単に取り付けることができ、これにより加工時の金型位置を正確に計測することが可能となります。導入いただいたお客さまにおいては、たとえば射出成形機においては、加工時のコア(雄型)とキャビティ(雌型)の型開量を正確に把握することができ、これまで経験に依るところが大きかった微調整を数値に基づいたものに改善することが期待できます。

今回発売の位置センサモジュール「BIC0308」は、ムラテック・インダクトコーダの特長である、耐高温・耐高湿度・耐衝撃・耐水などの性能と耐久性を有しており、当社では各種テストでその性能を確認しています。金型にセンサを直接取り付ける方法を含め同じ目的で従来使われてきた計測方法に比べ、耐環境性能を有するため正確な計測が可能となります。

■ムラテック・インダクトコーダの特長
位置センサモジュール「BIC0308」で使用されているインダクトコーダは、磁気誘導方式の検出部(センサ)と変換部(出力)から構成され、検出部は非接触式の電磁コイルのみで構成されているシンプルな構造。加えて独自の検出方式によりアブソリュート検出を実現しています。また優れた繰返し性と高精度・高分解能を有し、シンプルな構造は振動や衝撃に強く、油・塵埃・温度などへの耐環境性にも優れています。変換部は検出部とは分離して設置できるため、環境による影響の少ない遠隔スペースに設置することも可能です。シンプルで耐環境性に優れた構造によりメンテナンス性にも優れ、産業機械に求められる厳しい環境下でも使用が可能で、製鉄所の圧延工程や油圧機器などで多くの使用実績があります。
      
■BIC0308の主な仕様
 出力分解能  0.25μm/digit
 動作温度範囲  0~100 ℃ (ただし結露無いこと)
 最大応答速度  100 mm/sec
 耐久性*  300万回以上  *当社試験装置による30G相当の繰り返し耐久試験による
 外形寸法(ケーブル突起部除く)  67.5mm x 60mm x 38mm
 重量  約750g

■本体価格  52万5000円(税込み)

■販売計画  3,000セット/年


<本件についての問い合わせ先>
村田機械株式会社  広報室/北川・鈴鹿
〒612-8686 京都市伏見区竹田向代町136
TEL.075(672)8138/FAX.075(672)8691

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング