コワーキングスペース「ZEN Coworking」次世代人脈ツール「ダイアゴナルキット」を導入― 利用者同士のコミュニケーションの円滑化を図る ―

PR TIMES / 2012年6月20日 12時5分

一般社団法人エッグシェル(所在地:東京都多摩市、理事長:山川順治、以下エッグシェル)は、コワーキングスペースの運営利便性の増強と利用者間のコミュニケーションの円滑化のために、次世代人脈ツール「ダイアゴナルキット」を、本日から導入します。

コワーキング(Coworking)とは、事務所スペース、会議室、打ち合わせスペースなどを共有しながら、おのおのが独立した仕事を行う共働ワークスタイルです。システム技術者、デザイナー等のフリーランスの専門家やベンチャー起業家など、独立した環境で働くことが多い人々が、単独でそれぞれの仕事をこなしながら、共同オフィスでほかの人々と共通の時間を持ち、企業に勤務する人が社内で自然に横のコミュニケ-ションを持つように、仕事や関心分野などについての会話を通して情報共有や懇親も大切にしようという働き方で、ここ数年、注目されています。エッグシェルはコワーキングを実践する人々のために、東京都日野市の「高幡不動駅」近くでコワーキングスペース「ZEN Coworking」(読み方:ゼンコワーキング、URL:http://www.zen-coworking.com/)を運営しています。すでに「ZEN Coworking」の利用者は約800名に上ります。これら利用者に「ZEN Coworking」として必要なお知らせを行ったり、利用者のリスト作りやその更新を簡便に行ったり、さらには波長の合った利用者同士が情報共有を進められるようにと次世代人脈ツール「ダイアゴナルキット」の導入を決めました。

「ダイアゴナルキット」(URL:https://www.diagokit.com)は、ダイアゴナル株式会社(本社:横浜市、代表取締役:山川隆、以下ダイアゴナル社)が運営するクラウドを活用した次世代人脈ツールです。利用者が自分や相手のコンタクト情報(連絡先情報)をクラウド上で管理して、1対1でリンクした同士がお互いのコンタクト情報を共有するシステムです。利用者一人ひとりは1対1のリンクを多数持つことができ、それにより自分専用の人脈データベースをクラウド上に持つことになり、法人利用の場合には顧客リストをもち、その顧客リストに記載された個人が知り合いや取引先に電話番号や住所、肩書の変更を知らせるときに同時に顧客リストにも更新が行われるようにすることが出来ます。「ダイアゴナルキット」はパソコンのほか、スマートフォンでも利用できます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング