ついに缶コーヒーで登場! “ホット飲用”にこだわりぬいた逸品  缶コーヒー 「ネスカフェ ゴールドブレンド」 9月3日(月) 新発売 

PR TIMES / 2012年8月20日 12時35分



ネスレ日本株式会社(本社:神戸市、代表取締役 社長 兼 CEO:高岡 浩三)は、缶コーヒーの新製品「ネスカフェ ゴールドブレンド」を9月3日(月)から全国で発売します。インスタントコーヒーのプレミアムブランド「ネスカフェ ゴールドブレンド」が発売45周年を迎えた今年、ついに缶コーヒーでも「ネスカフェ ゴールドブレンド」を新発売。インスタントコーヒー「ネスカフェ ゴールドブレンド」は、約9割がホットで飲用されており(ネスレ調べ)、消費者の皆様から長年にわたり高い支持をいただいています。缶コーヒーでもこの点に着目し、『ホットでおいしいコーヒー』こそが「ネスカフェ ゴールドブレンド」であると考え、コーヒー豆の選定・焙煎とホットで飲用されたときのおいしさを最大限に引き出すための製法にこだわりました。
また、発売から約1ヵ月間は数量限定で「ネスカフェ ゴールドブレンド」の「ダバダ」音楽が流れる専用キャップ付きプロモーションを実施し、TVCMでおなじみの「ダバダ」音楽を聴きながら缶コーヒーを楽しんでいただくひとときを ご提供いたします。「味わう」「香りを楽しむ」以外の従来の缶コーヒーでは訴求することのできなかった「聴覚」にも訴える缶コーヒーという新しい切り口で、トライアル購入の促進を図ります。

<ネスレの厳しい基準をクリアした厳選コーヒー豆>
インスタントコーヒー「ネスカフェ ゴールドブレンド」同様、甘い香りと重厚な風味が特長の厳選されたコロンビア豆を中心としたブレンド。

<苦みを抑えるための焙煎技術>
中煎りで焙煎しホット飲用に適した、苦みを抑えたマイルドな味わいに。
(深煎りは苦みが強く、コールド飲用として好まれます)

<深いコクを実現するために>
コーヒー豆 20%増量* でさらにコク深い味わいに。
*缶コーヒー「ネスカフェ エクセラ 超微糖」に対して(製品100gあたりの比較)

<製品概要>
・製品名:ネスカフェ ゴールドブレンド
・熱量(製品1缶あたり):22kcal
・製品1缶あたりの熱量の栄養素等表示基準値(1日の目安:2100kcal)に対する割合:1%
・内容量:170g
・希望小売価格(税込):120円
・発売日:9月3日 (月)
・発売地域:全国









企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング