LINE@アカウントの代理販売、開設・運用支援サービスを開始 ~ 全国チェーン・複数店舗オーナーの活用をサポート ~

PR TIMES / 2013年6月5日 14時19分

ソーシャルメディアマーケティング支援の株式会社トライバルメディアハウスは、LINE@の代理販売、開設・運用支援サービスを開始します。

ソーシャルメディアマーケティング支援の株式会社トライバルメディアハウス(本社:東京都港区 代表取締役社長:池田 紀行 以下 トライバルメディアハウス)は、LINE@の代理販売、開設・運用支援サービスを開始します。

大人気の無料通話・メッセージアプリ「LINE」を活用し、飲食・小売・サービス業などのローカルビジネスがお客様にメッセージやクーポンを一斉に配信できるプロモーションツール「LINE@」。トライバルメディアハウスは、ソーシャルメディアマーケティング支援の豊富な経験を活かし、販売促進にLINE@の活用を検討されている全国チェーン・複数店舗オーナー様のLINE@活用における、オペレーション設計から社内研修、アカウントの一斉導入までを全面的にサポートします。



●サービス開始の経緯

LINE@は、国内で4,500万人以上が利用する大人気の無料通話・メッセージアプリ「LINE」のユーザーと「友だち」となり、「友だち」に対してメッセージやクーポンを配信することができる非常に魅力的なサービスです。
しかし、「低コストではじめられる」「話題のツールを使ってみたい」という理由ではじめる店舗も多く、「友だちが獲得できない/離脱していく」「不適切な発言をしてしまった」など、店舗によっては効果的な運用方法が分からないといった場合もあります。
トライバルメディアハウスは、ローカルビジネスにおけるLINE@の販売促進への可能性を感じると共に、ローカルビジネスを展開される企業様がLINE@を効果的に活用するためには、オペレーションの設計・運用ルールの策定・従業員教育・改善のための効果測定が必要であり、弊社がこれまでに培ったソーシャルメディアマーケティング支援の知見を活かすことができると考え、本サービスの提供を開始することとなりました。


●LINE@とは?

LINE@とは、2013年4月に全世界で登録者数1億5,000万人を突破し、国内でも4,500万人以上が利用する「LINE」を活用し、飲食・小売・サービス業などのローカルビジネスがお客様にメッセージやクーポンを一斉に配信できるプロモーションツールです。月額5,250円という低コストで運用ができる他、お客様のスマートフォンにプッシュ通知する即時性や、友人との普段の会話に利用する「LINE」内にメッセージが届くことによる高い開封率が特徴です。


お客様の来店の後押しに高い効果を発揮し、店舗の売上げアップにつながります。


●サービス内容

トライバルメディアハウスは、クライアントのLINE@活用を全力でご支援します。複数店舗への導入から運用の改善までをサポートし、売上につながる効果的な活用方法をご提案します。

※一例となります。


●料金体系

・LINE@利用料  初期費用5,250円 月額費用5,250円
 ※月額費用は、最大3ヶ月間無料です。

・開設準備支援 25万円~
・社内向け研修/セミナー 20万円~
・運用サポート 10万円/月~ (導入店舗数に応じて変動します)


●詳細

LINE@開設・運用支援サービス http://www.tribalmedia.co.jp/line

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング