グランド・ワイレアに「アラン・ウォンズ・アメイジア」オープン ~ 東洋と西洋のフレーバーの出会い ~

PR TIMES / 2012年5月29日 10時7分



2012年5月29日(ハワイ・マウイ島ワイレア)
世界的に知られるスーパーシェフ、アラン・ウォンの新レストラン「アラン・ウォンズ・アメイジア」が、この度マウイ島グランド・ワイレア・ウォルドーフ・アストリア・リゾートにグランドオープンしました。パシフィックリム・キュイジーヌ(またはハワイ・リージョナル・キュイジーヌ)を創り出し、新しい料理の流れとして確立させた名料理人と、マウイ島随一のラグジュアリーリゾート、グランド・ワイレアのコラボレーションで生まれたこのレストランは、料理、スタイル、サービスともに従来をさらに超える高いレベルであると、早くも注目を集めています。

「アラン・ウォンズ・アメイジア」は、鯉の池を配し、富士山から採石した800トンもの岩で囲んだグランド・ワイレアの静かな日本庭園の一角に位置します。京風茶室を思わせる建物は元々日本で建設され、1990年に遥かマウイ島まで移動されて来たもの。新レストランオープンにあたり300万ドルを投じたリニューアル工事を受け、さらに美しく生まれ変わりました。個室畳部屋、フォーマルダイニングルーム、カクテルラウンジ、寿司カウンター、炉端焼きエリアで構成され、バーでは、アラン・ウォンならではの国際色豊かな料理を引き立てる、プライベートラベルのワインや日本酒、オリジナルカクテルを楽しむことができます。

“アメイジア”とはアメリカとアジアが合体して出来る大陸のことで、「アラン・ウォンズ・アメイジア」は、マウイ島の山海の幸に東洋と西洋のスパイス、調理法を融合させたグローバル感覚あふれる料理が味わえるところ、という意味を込めてそう名付けられました。

グランドオープニングにあたってアラン・ウォン・シェフは、「新レストランのメニューには、世界各国のストリートフードや料理に発想を得た個性豊かなものを考案しました。小皿料理をつまみながら、あるいは大皿を家族やお友だちと分け合うスタイルでお楽しみいただけます。
また、炉端焼きや寿司カウンターも用意しましたので、シーンや目的に合わせて席を選んでいただけます」と語っています。

メニュー(一部抜粋)
・ ダンジネスクラブの茶碗蒸し 枝豆、獅子唐
・ クリスピーガーリックシュリンプ 柑橘、スイートパプリカ
・ アヒ(マグロ)チリ リフライドタロ、“ローカル” チップス
・ 鶏団子 ココナッツジンジャーレモングラス仕立て ピメントオイル
・ 醤油味ダックの肉まん 海鮮醤シラチャソース
・ 黒豚ベビーバックリブ叉焼 クリスピーガーリック、ライム
・ マウイキャトルカンパニー産 “カウボーイ” リブアイステーキ ハマクア茸、ハワイアンチリペッパーバター
・ チリガーリック味ダンジネスクラブ(姿)
・ 黒豚テンダーロイン(ヒレ) 味噌マスタード、茄子
・ 海老の天麩羅 柑橘チリソルト
・ 刺身サラダ 醤油味ヴィネグレット、わさび
・ 雲丹ショット 柚子と梅風味タイガーミルク
・ “お茶漬け” 昆布締めホワイトフィッシュ 梅、ふりかけ、昆布茶、ゆかりソース
・ ワタリガニの唐揚げ ガラムマサラ、香菜ディッピングソース
・ ロミロミサーモン マリネトマト、マウイオニオン、トマトウォーターのジュレ

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング