神保町のワーキングラウンジ「EDITORY」が完成。オープン記念キャンペーンとして先着20名限定で初期事務手数料が無料、ゴールデンウィーク期間中はスペースを無料開放。

PR TIMES / 2013年4月25日 18時22分

神保町駅前に2013年4月29日オープンするワーキングラウンジ「EDITORY」がついに完成!オープン記念キャンペーンとして、5月末日までに入居申し込みの会員から先着20名限定で初期事務手数料無料。さらにゴールデンウィーク期間中無料開放が決定。



株式会社ツクルバ(本社:東京都渋谷区)がプロデュースを行う、神保町駅より徒歩1分の会員制ワーキングラウンジ「EDITORY(エディトリー)」がオープンを記念したキャンペーンを実施いたします。


1.先着20名限定初期事務手数料無料キャンペーンについて

2013年4月29日のオープンを記念して、2013年5月末日までにお申し込みの会員の中から先着20名に限定して入居に際する初期事務手数料(20,000円 税別)の無料キャンペーンを実施いたします。

入居をご希望される方は下記サイト専用フォームよりお申し込みください。
※先着順の為、原則として限定数を超え次第キャンペーン終了とさせていただきます。ご了承のうえ、お早めにお申し込み下さい。

キャンペーンお申し込みはこちら( http://www.editory.jp/join/ )から


2.ゴールデンウィーク無料開放を実施!

EDITORYでは、4月29日のオープンから5月6日迄の一週間、スペースを無料で開放致します。これにより、当スペースにご興味をお持ちの方ならどなたでも「EDITORY」をご利用いただくことが可能となります。”気になっているけれど、いきなり申し込むのは緊張するなぁ” ”利用の検討の為に、ためしに一回使ってみたい!” など、のニーズにお応えします。
是非この機会に一度ご利用ください。
※申し込みは不要ですので、直接スペースまでお越しください。
※期間 4月29日から5月6日迄 OPEN10:00~19:00


EDITORYは、「本の街」神保町に拠点を構えて働くための ワーキングラウンジ。EDITORYの意味は、領域(TERRITORY)を編集(EDIT)すること。情報に敏感なライター、枠にとらわれない編集者、アクティブなフォトグラファー、メディアを売り出すプロデューサーなど、自由な発想でビジネスを考える人たちのために、名づけました。集うメンバーの知識やスキルやアイデア、 そして、シェアした空間が重なり合うことで、自分の専門領域を超えた新たな何かを編集(EDIT)していける。そんな自由度の高い場を目指します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング