エンバカデロ、iPhone/iPadアプリのネイティブ開発を実現したマルチデバイス開発ツールRAD Studio XE4を世界同時発表

PR TIMES / 2013年4月22日 15時30分

DelphiがWindows、Macに加えて新たにiOSをサポート PC、タブレット、スマートフォンアプリの開発を効率化



エンバカデロ・テクノロジーズ(日本法人:東京都千代田区、日本法人代表:藤井 等、以下エンバカデロ)は、本日、PC、タブレット、スマートフォン向けネイティブアプリケーションを効率的に開発できる開発ツールスイート製品
「RAD Studio XE4(ラッドスタジオ・エックスイーフォー)」を全世界同時に発表しました。日本においては、2013年4月23日より販売を開始します。RAD Studio XE4には、新たにiOS向けネイティブ開発を実現した「Delphi XE4(デルファイ・エックスイーフォー)」とC++11に準拠したWindows/Macクロス開発C++環境「C++Builder XE4(シープラスプラスビルダー・エックスイーフォー)」と「HTML5 Builder(エイチティーエムエルファイブビルダー)」が含まれます。

RAD Studio XE4で開発したアプリケーションは、スクリプト言語や仮想マシン(VM)などのように実行時の中間処理を伴わず、ハードウェア上で直接実行される真のネイティブコードです。Windows、Mac、スマートフォンなど異なる機器で動作するアプリケーションを開発できる多くの開発ソリューションは、ネイティブコードではないため、パフォーマンスが劣ったり、デバイスのすべての機能を利用できなかったりといった制約があります。RAD Studioでは、マルチデバイスサポートにおいてもネイティブコードを用いることで、開発者が、それぞれのデバイスの性能を活かしたセキュリティの高い、操作性の優れたアプリケーションを構築できるようにしています。

RAD Studio XE4では、Delphi言語で新たにARMコンパイラを搭載し、iPhone、iPod touch、iPad向けの開発を可能にしました。

・Windows、Mac、スマートフォンなど異なる機器で動作するアプリの開発をサポート:
 マルチデバイスに対応したコンポーネントフレームワークFireMonkeyが、デバイスごとに最適化されたコードを実行。開発者は、共通のフレームワークを用いて複数デバイス向けに、単一のコードベース、単一のプロジェクトチームで開発を行うことができます。

・ハードウェアの性能を100%発揮できる真のネイティブアプリを構築:
 スクリプトエンジンや仮想マシン(VM)を用いない真のネイティブアプリケーションでマルチデバイスサポートを実現。最高のパフォーマンスと高いセキュリティレベルを保持できます。各デバイス固有の機能にもフルアクセスできるので、ハードウェア性能を最大限活かした開発が可能です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング