小学校低学年以下のお子様を持つ親が、 この夏、子どもに表現してもらいたいもの第一位は”夢”! さらに、これから伸ばしてあげたい能力は、”創造力”!!

PR TIMES / 2013年7月17日 12時57分

=子どもの力を伸ばせる夏休みシーズン到来= 創作絵画コンクール「ドコモ未来ミュージアム」応募数が11 年で10 万作品以上増加!



報道関係者各位


=子どもの力を伸ばせる夏休みシーズン到来=
創作絵画コンクール「ドコモ未来ミュージアム」応募数が11 年で10 万作品以上増加!
小学校低学年以下のお子様を持つ親が、
この夏、子どもに表現してもらいたいもの第一位は”夢”!
さらに、これから伸ばしてあげたい能力は、”創造力”!!


株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(以下ドコモ、代表取締役社長:加藤 薫、本社:東京都千代田区)は、
全国の子どもたち(3 歳以上中学生以下)を対象にした、日本最大級の創作絵画コンクール『「ドコモ未来ミ
ュージアム」~みんなの夢が、未来をつれてくる。~』を2002 年から実施している。全国の小学校低学年以
下の子どもを持つ親(200 名)を対象にした「子どもの絵画教育」調査の結果を考察すると、高めたい子ども
の能力は「創造力」で、夏休みを活用して子どもの能力を伸ばしたいと考えている割合が高い事がわかった。


「子どもの絵画教育」調査ダイジェスト>
■この夏、コンクールやイベントで子どもに表現してもらいたいもの第一位は「夢」(47.5%)
■小学校低学年以下のお子様を持つ親がこれから伸ばしてあげたい子どもの能力、第一位は「創造力」
■小学校低学年以下のお子様を持つ親の8 割以上が夏休みを活用して、子どもの能力を伸ばしたいと考えている
調査機関:株式会社クロス・マーケティング


また、上記調査結果を踏まえてドコモ未来ミュージアム審査員であり、聖徳大学児童学部教授の奥村高明
氏に子どもが夢のある絵を描くことの意義について現状を聞いた。奥村氏によると「親が子どもの創造力を
伸ばしてあげたいと思うことはとても良いことで、そのような保護者が増えていると感じています。創造力
が高まると国語や算数の力も上がり、学力全体に良い影響を及ぼします。だから、子どもが未来や夢につい
て考え、絵を描くことは大切な学習なのです。そのために、企業などがコンクールなどを通して子どもの能
力向上へ積極的に取り組んでいることは素晴らしいことです。それは社会全体が大きな「学校」だと考えた
ときに、大変意義がある活動だといえるのです。」との現状分析があった。これらのことから、子どもの夏休
みの課題として絵画コンクールを活用し、参加することに大きな効果を期待することはできそうだ。
「ドコモ未来ミュージアム」も応募作品数が2002 年の開始当初16,032 作品から、第11 回目の2012 年では
121,064 作品に増えているが、「子どもの絵画教育」からの考察や奥村氏の現状分析も増加要因の一つだと考
えている。
なお、調査結果及び奥村高明氏プロフィール、第12 回「ドコモ未来ミュージアム」詳細は後述・別紙の通り。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング