日本骨髄バンクを介した骨髄及び末梢血幹細胞移植が1万5千例に到達

PR TIMES / 2012年12月13日 18時12分

2012年12月12日、日本骨髄バンクを介した骨髄及び末梢血幹細胞移植数が累計で1万5千例に到達しました。
2008年12月に骨髄移植数が1万例に達して以来、約4年で1万5千例に到達しました。


骨髄移植は1970年代に確立され、日本では1980年から血縁のドナーを対象に実施されるようになりました。
骨髄移植を行うためにはHLA型(白血球の型)の一致が不可欠ですが、HLA型が一番合いやすい兄弟姉妹では
4分の1、他人では数百から数万分の1の確率でしか一致しません。そのため、提供者を見出せない患者さんやご家族から、善意の骨髄提供者からの移植を仲介する骨髄バンク設立の要望が高まり、1991年12月、公的骨髄バンクである骨髄移植推進財団(東京都千代田区、現理事長:齋藤英彦)が設立されました。
骨髄バンクによる最初の非血縁者間骨髄移植が実施された1993年1月から、約20年の年月を経て、
2012年12月12日をもって骨髄バンクを介した骨髄及び末梢血幹細胞移植数が1万5千例(うち、末梢血幹細胞移植は15例)に到達しました。
これにより骨髄バンクを通じこれまでに1万5千人もの患者さんが生きるチャンスへつながることができました。
なお、今年は、年間で移植数が1,340例を超える見込みで過去最高となります。
これまでに骨髄及び末梢血幹細胞をご提供いただいたドナーの皆様をはじめ、ご協力いただきました全ての関係者の皆様に心から感謝申し上げます。
本年9月には、「移植に用いる造血幹細胞の適切な提供の推進に関する法律」が成立し、国の責任のもと骨髄バンクの体制が整備され、移植を希望される患者さんにより適切な移植が行われることが期待されています。
骨髄移植推進財団では、引き続き関係機関と十分な連携を取り、ドナーの方の安全確保に努め、今後も患者救命のために事業を推進してまいる所存です。


【参考】骨髄バンクの現状

■ドナー登録者現在数    423,977人
■患者登録現在数         2,916人  (2012年11月末現在)


本件に関するお問い合わせ:公益財団法人 骨髄移植推進財団  担当:大久保、千葉
                           (電話)代 表:03-5280-8111 

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング