ITエンジニア向けソーシャルブランディングサービス 「Forkwell(フォークウェル)」がリニューアル!

PR TIMES / 2013年2月28日 11時34分

自分の技術ブログやソースコードリポジトリ、スライドなどを簡単にまとめられるように!ITエンジニア向けソーシャルブランディングサービス 「Forkwell」がリニューアル。MacBook Pro Retinaディスプレイ15インチ等が当たるリニューアルプレゼントキャンペーン開催中!





株式会社garbs(ガーブス http://www.garbs.co.jp 東京都港区、大畑貴文・代表取締役)は、ITエンジニア向けソーシャルブランディングサービス「Forkwell」をリニューアルし、提供を開始しました。


▼Forkwell
http://forkwell.com/

Forkwellは、ITエンジニアが、お互いのスキルを共に評価し合い、自分の“スキル”を公開することができるソーシャルブランディングサービス。エンジニアが大半を占める登録ユーザーは7,500人を突破しています。


■リニューアルの背景

エンジニアがスキルを磨き、それが周囲から認められるようになるには、学んだことをブログに書いたり、カンファレンスや勉強会で発表したりといったアウトプットが非常に大切です。

しかし、こういったアウトプットが、本人の評価としてきちんと蓄積されていくサービスは、これまでなかなかありませんでした。また、発信のためのツールがブログやスライド共有サイト、プロジェクトホスティングサイトなど多岐にわたって分散しているため、エンジニア同士がお互いの情報を知ることにも手間がかかっていました。


■リニューアルの目的

アウトプットを積極的に行っているエンジニアの日常の活動結果が、

1. より多くの人に見てもらえるようにする
2. フィードバックや評価をもらえるようにする
3. 自分への評価としてきちんと蓄積されていく
4. ユーザー同士の新たなつながりができる

ことを通して、その活動を支援します。
また、アウトプットを簡単に自分のポートフォリオとしてまとめられることで、活動の結果がフローでなく蓄積され、見やすい状態に整理しておけるようにします。


■リニューアルの主なポイント


1. 自分のポートフォリオが簡単に作れる

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ユーザーはブログのURLやSlideShare、GitHubなどのアカウントを登録するだけで、コンテンツがインポートされてポートフォリオが生成されます。

コンテンツはもちろん手動で登録可能で、さらに作成したスマートフォンアプリやWebサービス、寄稿記事やインタビュー記事、著書といったものもポートフォリオに揃えることができ、スタイリッシュなページに一覧表示されます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング