経済産業省『新事業創出支援カンファレンス』を開催

PR TIMES / 2013年12月28日 10時32分

大企業×ベンチャー企業によるイノベーション

グローバル競争に勝つために大企業とベンチャー企業との提携やM&Aなどオープンイノベーションの必要性はますます高まっています。また、新たな雇用の源泉である起業は重要です。
この様な流れを促進するために経済産業省では、我が国の大企業や有力企業とベンチャー企業との新事業推進イベント『新事業創出支援カンファレンス(http://www.dreamgate.gr.jp/jsn/)』を来年1月29日に開催する運びとなりました。

日時:2014年1月29日(水) 13時00分~18時00分(受付:12時30分~)
場所:ベルサール新宿グランド ホールA(東京都新宿区西新宿8-17-3)
来場者見込数:700名
参加費:無料
主催:経済産業省
事務局:ドリームゲート(株式会社プロジェクトニッポン)、株式会社野村総合研究所
申込ページ:http://www.dreamgate.gr.jp/jsn/



大企業×ベンチャー企業によるイノベーション
経済産業省『新事業創出支援カンファレンス』を開催

~NECやKDDIなど大企業10社が、我が国のオープンイノベーションを推進する
先進的な取り組みとして、「今、我々が求めるベンチャー企業とは」をプレゼン~


日本経済を牽引する大企業において、グローバル競争に勝つために、ベンチャー企業との提携、M&Aなどオープンイノベーションの必要性がますます高まっています。また、次世代の価値創造と雇用を担うベンチャーにとっては、大企業との連携は成長のステップとして必須です。

経済産業省では、我が国の大企業・有力企業とベンチャー企業との連携を強化するため『新事業創出支援カンファレンス(http://www.dreamgate.gr.jp/jsn/)』を来年1月29日に開催します。


目玉企画は、NEC、KDDI、セブン&アイ・ホールディングス、ベネッセコーポレーションなど大企業10社が、「求む!ベンチャー」をテーマにプレゼンする『大企業ピッチ』です。これは、従来のベンチャーが参加者に向けてプレゼンするものと真逆のスタイルで、大企業がベンチャーに向けて約10分間、自社が考える新規事業や求めるベンチャー企業についてプレゼンする企画です。日本の大企業が本気でオープンイノベーションを推進する先進的な取り組みとなります。

キーノートスピーチでは、新事業開発の成功企業として有名なGEにおいてアジア人初の上級副社長となり、その後LIXIL社長に転身された藤森氏にご登壇いただき、「世界で活躍するプロ経営者の流儀」をテーマにGE流イノベーションとリーダーシップのあり方について語っていただきます。グローバル企業の中枢での、オープンイノベーションの取り組みについての講演です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング